月収8万円ミドサー大学生のブログ

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサーのブログ。 大学受験頑張ります! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

カテゴリ: 恋愛

そうだったそうだった。

こうやって男と関わるのが嫌だから結婚したんだった。


※「ジジィに言い寄られる私〜❤️モテる〜❤️」というブログではありません。
そう見えるならそれでいいです。
でも自分のブログなので基本言いたい放題します。

友達に言う話でもないし、しかしながらストレスがすごく溜まる。

「明日飲みに行きましょう!時間空けといてください!」とか来て本当にストレス。

何で私の返事聞かないの?

「無理です」って返したけど。

「じゃあそちらの都合いい時に声かけてください」って返ってきて、何で行く事決まってるの?

イライラする。

しかしながら自分のブログくらいでしか書けない!
人に言う話ではない!!!!



コメントいただきましたが、少し答えますと、
ブロックとかできない断れない感じが恐らくオーラに出てるから付け入れられるのと、私はブスなんですね。

だから「俺でもいけそう」と思われて声かけられるんですね。

で、断ると「勘違いすんなブス」とか言われて終わるんですよ。

そういう事をしてもいい人間だと思われてる自分が嫌だという話です。

ブロックすりゃ終わりなんですが、まずそういうのが発生するのが萎えるという話でそれの原因が自分にもあるって話でして…。


「結婚してる」って言えば男性と関わらなくてよい。
こうやって、私が興味のない男性に「甘えさせて」などと気安く言われなくて済む。


本当に気色が悪い。


取ってつけたようなどうでもいい、
とても大人の悩みとは思えない、
それが悩みならばさぞかしお気楽な人生ね、
とでも言いたくなるような悩みを引っ提げて、
ただ連絡を取りたいだけの見え透いた戦法に反吐が出る。


そんな手法が通用すると思っているの?


そんな手段で攻略出来ると思われている自分に嫌気が差す。


下心は、自分が好意を持っていない人間から向けられると気持ちが悪い。


同様に私もまた、気持ちの悪い下心を、一方的に想う相手に向けているのだろう。



だから私は結婚したんだった。

もう男と関わりたくないんだった。

最大のメリットを忘れていた。


結婚の最大のメリットがそんな理由だなんて、
と思われても構わない。

私には私の理由がある。


こういう事がある度に、気安く声をかけられる程度の見た目である自分に辟易して落ち込む。


そしてまた私も誰かに同じ事をしているんだろうと思うと恋も出来ない。


恋愛全般と類似して発生する厄介ごとが面倒だったから結婚したんだった。

傍目から見て恋愛体質に見えていたとしても、
その実恋愛は嫌いだ。

私は恋愛がスムーズに運ぶタイプではないので、
片想いで終わることの方が多いし、
また自分が興味を持てない人間から真っ当な恋心でない下心を抱かれる事も多い。


なので好かれた人を好きになって、
ちゃんと関係が育める事は稀だ。


人生で2回しかない。
最初に付き合った元カレと元夫だけだ。

まあ元夫ときちんと関係を育めていたとは言えないが。


だからもうこの後の人生で好かれた人を好きになれるかなんてわからないし、
自分が好きになった人と付き合えた事なんてほとんどないので難しいだろう。


だから結婚したんだった。


面倒ごとを全部避ける為だった。


自分が片想いしたくないからだった。


学生生活にとても邪魔だな。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

また恋愛をしても、
どうせ片想いなんだろうな。

両想いにはほとんど恵まれないからな〜。


彼女ができたっぽい雰囲気で察して、
本人から直接普通に聞いて、
あっ、そうなんだで人知れず失恋していくんだろうなー。


何度そんな恋愛をしたことか。笑


うまく行くときは秒速で上手く行くからな。


早く彼氏できるといいけど…。
私が大学生だからなあ。笑


そして大学生以外の彼氏ね。笑
まあまず大学生がBBAなんぞは無理と思うけど、仮に何かあっても結婚の可能性皆無すぎて。笑


ストレスで便秘がやばい。笑


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

料理がそんなに得意でなくても、胃袋を掴む事は出来る!


断言する!



そもそも私は料理が嫌いである。


だってめんどくさい。


作るのも面倒。


材料買い揃えて料理して後片付けして…。



嫌いなのでしてこなかったし、当然上手くない。


しかし!


ある事が出来れば胃袋を掴むのは容易いのである。



それは…





「食べたい時に食べたいものを出す事」






ズコーッ。



当たり前じゃん!!と思うかもしれないが、これが意外と難しいのだ。



子供の頃、夕飯を母親に聞いて、大して食べたい物でもなく、「あー…」とテンションが下がった記憶は無いだろうか。



逆に好物だったりすると、「マジ?キャッホー!!」とテンションが上がらなかっただろうか?



この「マジ?キャッホー!!」と思わせる回数が多い事が大切。



恐らくだけど、男性は繊細な味の違いなんて求めてないし、横文字系の料理は特に食べない。



エスニック料理、フレンチ料理などなど…。



私もそれはそれは盛大な勘違いをしていた。



胃袋を掴むために、レパートリーは幅広くなければならないし、凝った料理も作れるようにならなければいけないと。




経験は無いだろうか…。



「よーし、今日は凝った料理作るぞー!」と張り切って作ったのに、牛丼を食べる時よりお箸が進まぬ男性の姿を…。




私も一緒に住み始めた時は色々と作ったが、結局夫がいつも食べたがるのは「とり塩うどん」。


来る日も来る日もとり塩うどん。



それでにこにこ大満足なのだ。




ビーフストロガノフが作れたって、男が食べたくなければ意味がないのだ。



そんな事より、卵かけご飯が食べたい男に、さっと卵かけご飯を出す方がよっぽど喜ばれるのだ。


ここで、韓国のり+ごま油などと、余計なアレンジもいらないのだ。


確かに美味しいが、男が食べたいのはシンプルなお醤油の卵かけご飯なのだ。




ついついシャレオツアレンジしてしまう心理に「サッとひと工夫アレンジが出来る料理上手な私を見て」という心理はないだろうか?



それは結局自分のことしか考えていないのだ。



料理も恋愛も同じなのだ。



いかに相手のことを考えられるか。



表面的な部分でなく。



自分の自己承認欲求を抑えられらるか。



そこが胃袋を掴むコツだ。


と、↓こんな料理を平気で載せる人間が申しております。



IMG_2279








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

夫を嫌いになりたい気持ちと、嫌いになりたくない気持ちでせめぎあってる。


前々からヤバいな、って気付いていたけど、大好きだったのは事実。
でも離婚でますます浮き彫りになっちゃって、ホントどうしようって…。


大嫌いになりたいんだけど、馬鹿馬鹿しいんだけど、それって自分を否定してる事になるよなって。
ろくでもない男と恋愛してました!って。

その通りなんだよ、誰が見てもその通りなの。

でもなんか、自分がそれを認めるのは悲しい…。


素直に認めてバカな時間過ごしました、って反省して後悔する方がいいのかな。
分からない…。


毎回DV男に引っかかってるわけではないので、そういうのに毎度ひっかかるわけではないと思うんだけど。

だからといって後悔しないのも…うーん…。


分からない…ただの無駄な時間だったのか…?
分かってて突き進んだもんね。


手が出るタイプの男を見分ける方法は分かった。

カッとなるとか物に当たるとか、分かりやすいのもあるけど、1番は「触れ方」。


普通に恋人や夫婦がイチャつく時にじゃれたりするじゃん?
あの時の触れ方がもうすでに痛い。

遠慮なく掴まれたり振り払われたり。
めちゃくちゃ痛い。

例えば、くすぐって相手が嫌がって振り払われたときがもう思いっきり痛く振り払われる。


元カレたちは全員手加減してくれてたというか、痛くない加減が分かってたんだなって。


「痛いっ!」って言ってもごめんとか一切ない。



いや、なんの情報だよっていう…。


なんかろくな恋愛してないなって思うけど、多分私がちょっと不幸な方がラクだから。

何でだろうね…?

何で不幸が楽なんだ…?

でも幸せって失った時怖いよね…?


幸せな人って別に一生幸せが続くとか思ってないんだよね?
不幸な時がきたらその時はその時、って感じだよねきっと。


ちょっと不幸をずっと味わってたら大きい不幸がこない、とかじゃないもんね。
そんなプラマイないよね。


幸せに慣れることからだな。



お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

タイトルの通りなんですけど。
っていうか、書いて一度読み返してブログ見返したら、最近似たような事書いてたし…。
こんな事になってもまだ結婚に対してうんざりしてないって事で。
どうぞお付き合いください。笑


住所変更してきました。
マイナンバーとか色々めんどくさかった。

結婚すると本籍を新たに作るので、夫と住んでいた住所が本籍地。
本籍はそのままだけれど、住所は変わりました。

筆頭主が夫の場所から抜けました。


届けを出した時は、すっごくすっごく嬉しかったな。


大好きな人のお嫁さんになれて、新しく戸籍を作るっていうのが。

めんどくさかった全ての手続きも楽しくて嬉しかった。



私は恋愛がそもそも好きではないので、夫と結婚できて、もうこれで恋愛しなくて済むと安堵したのを覚えている。

新鮮な恋のときめきは確かに楽しいけど、それを全て捨てても1人に落ち着けるのはとても良かった。

もうこの先、色々夫だけなんだなぁと思ったな。



今、住所変更も辛いし切ないけど、大好きな人と家族になって、それが終わった象徴だから、まぁいいかな…。


ホントに世間的に見たらひどい夫だし、別に私もひどいと思う。笑

客観的に見たら時間の無駄なのかもしれないし、そんな男と一緒にいたことを後悔しろよって話かもしれないけど、それでも良かったと思う。
後悔は微塵もない。


今は。笑


これから調停とかでもめたらまた変わるかも。

ホントの終わり際に人って出るからさ。
私もね。

何度も言うけど結婚はいい制度だし良かった。

大好きな人と家族になれるなんてこれ以上ない幸せだよ。



元カレは申し訳ないけど、「結婚はないな…」ってハッキリ思ってたから。笑


また大きく落ち込むかもしれないけれど、強く生きます!



お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ