月収7万円ミドサー大学生のブログ

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサーのブログ。 大学受験頑張ります! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

カテゴリ: 雑談

たまには全然関係ない話題でも…。


元々リップは好きで、家に20本くらいある。笑

時代錯誤なうるつやキラキララメラメのグロスが好きなんだけど…。

ケイトのリップ買ったら大失敗しちゃって、ほうれい線は濃く見えるし、80年代のメイクみたいになっちゃって…。
やる気無くなってたんだけど、ケイトの色つきリップのグロッシーベージュ買ったら大当たりで、やる気が復活した!笑


それを機に、家の中にあるリップ見直したんだけど、色のチョイス間違えたやつは捨てたい…。笑


真っ赤なシャネル買ってて、どうかな〜?と思ってつけたんだけど、さすがシャネル、キレーなマットな赤リップになった。

色のチョイスも合ってたみたいで、ほうれい線目立たなかった。笑

ただ、唇にそのまま乗せずに、手の甲に取って指で少しずつ乗せてる。
そうするといい感じ。

それやれば大体のリップなんとかなる。笑


ドルガバのグラスが欲しいんだけど、無計画にお金使いすぎなので、何かショックな事があった時に買う用にとってある。笑


冬服も買わなきゃだしなー。
ニート生活が長すぎて冬服がない。笑



最近またファッションが楽しい。
センスないけど。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

人生不安だなぁ、当たり前だけど。


私が人より突飛な行動が出来るのは人より未熟なだけだから、不安だよ。

私のこういう行動で「勇気をもらいました」ってたまに言ってもらえる。

とても嬉しいけど、私は結婚して正社員で働いて子供が欲しいんだ…。


本当に不安。


でも…恋愛してないってすごく楽だ…。

人とコミュニケーション取らないって楽だ…。


他人とコミュニケーション取る事で落ち込む事はないから。

これからどうなるのかな。

あー誰か30万くらいくれないかな。

いやお金もらって解決するもんでもないけど。

1億円で鬱治る説を検証するからお金を…。


大学の先生好きだったな。

もう大学で授業がないから関われない。

ロースクールまで追いかけようか。

どの道既婚だから意味はないけど。

一目惚れだったな。


おやすみ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私は別に病み散らかしているのではない。


ただ単に、自分のことを文章なり音声なりで、話すのが好きなのだ。

自分の日記では意味がない。

人に聴いてもらう事が好きだからだ。


だけど人に話すという事は、相手の時間を頂戴する事になる。
相手の時間と引き換えにする程価値のある話は出来ない。

だからこうして、ブログや音声配信という手法で相手に取捨選択してもらえる手段を取っている。


TwitterやインスタなどのTLに勝手に流れてしまうタイプのSNSは好ましくない。
見たくなくても見えてしまう可能性がある。


そうした所にこういった内容を載せてしまうと、不必要な誤解を招くからだ。

結構な頻度で更新してしまうと見てる側もウンザリするだろう。

だからわざわざ見たり聴いたりしないとならない媒体を選んでいる。


一時期はライブ配信にも凝っていたが、相手の時間を頂戴する事になるので頻度は下げた。
そんなに価値のある時間は提供出来ない。

もちろんバッサリ切り捨てられる人は飽きたら抜けていくだろうが、中には空気を読んで最後まで付き合ってくれる人もいるだろうと思ったからだ。

そして人に話すのは楽しいからこちらも歯止めを効かせるのが難しい。


このブログは直接関わりのある人には教えていない。

一時期、Twitterと連携させていた時期もあるので、Twitterで繋がっていた人は知っている可能性もあるが、そもそもTwitterを直接関わりのある人は誰も知らない。

だからこそ好き勝手書ける。

何度も何度も書いているが、心配してほしいという思いが根底にあるわけではない。

偶発的に知った人もいるかもしれないが、ごくごく僅かでブログの話をする事はない。

なんならこのブログは辛辣なコメントを寄せられる事もあるので、投稿する時に躊躇する事さえある。




私は今とても疲れている。

普通がよく分からない。

この疲労感や、何もやる気が起きない感覚は、他人と共有出来ないからだ。

自分の中で、自分のことをこなせる時とこなせない時の違いは分かる。


だけどどれくらいなら疲れても大丈夫なのか分からない。

全てがダメになる事が1番怖い。

入院を経験した人間がこぞって口にする「私はおかしくない」という台詞があった。

私がその台詞を心の底から理解する日が来るなんて思わなかったが、入院を通知された時は必死に医師に訴えた。

「私はそこまでおかしくない」と。

少し疲れているかもしれないけど、入院が必要なほどではないと。

入院は心はとても楽だったが、社会生活をまともに送っていると困る。

2ヶ月社会生活を強制的にシャットダウンだ。

どういうことかというと、今もし入院になったら、大学の単位など全て落とす。

スマホをどのくらいの期間取り上げられるか分からないが、無論仕事も無断欠勤になり解雇だろう。

入院の事情を説明すれば解雇は免れるかもしれないが、真実を告げたら会社も扱いに困るだろう。

かといって無断欠勤をして診断書の一つも提出しないわけにはいかない。

事実を話さざる得ない。


病院から出ることなど出来ないし、外部への連絡だって出来ない。


入院なんて気楽でいいと思う人もいるかもしれないが、するや否やあっという間に社会生活から爪弾きにされる。


だから疲労にとても敏感で、そうなると何も出来なくなってくる。

ましてや私が挑戦しようとしていることなど、疲労せずに成し遂げるなんて不可能だ。


他人の感覚を知りたい。

みんなどれくらいの感覚で生きているのか知りたい。


少し目を離しただけで時間が恐ろしいくらい過ぎている。

何も出来ないまま2日が過ぎた。


私も休日勉強に時間を充てたい。

7時間くらい寝て、朝から大学の図書館に行って夕方まで勉強して買い物して帰りたい。

でも現実は2日前に家に帰ってきた状態のまま動けないでいる。


人と比べなくてもいいのに。

いきなり難しい勉強なんて出来るわけない。

努力でカバーし切れない能力値の差もある。


本来の目的である大学卒業を目指せるスケジュールにしよう。

早く真っ当になりたくて正社員登用まで考えていた。


この間までニートだったのに無理だろう。

アルバイトと両立できれば御の字だ。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

もしこのブログを読んでいて、別のSNSから励ましの言葉をくれた人がいたとしたら、本当にありがとうございます。
(別のSNSで励ましのメッセージをいただいたけど、そちらのSNSでは励まされる覚えがない為)

誰だか分からないからこちらも負担を感じず、素直に励まされました。

下に書く内容は気にしないでください。

いただいた励ましは本当に素直に嬉しかったです。





なんとか休み休み一つ課題を終わらせた。

クオリティがいかがなものかわからないが、出さないよりは遥かにマシである。


このブログは実際に私と関わり合いがある友人知人は知らない。
以前に使っていたTwitterアカウントと連携させていた時期があるので、Twitterアカウントから知っているひとはいるかもしれないが、そもそもTwitterアカウントを直接関わりのある人達に教えていない。


偶発的に知った人はいるかもしれないが、ブログとリアルの人間関係は完全に切り離されている。


その為、誰かに心配して欲しいという思いは皆無である。


それがとても良い。
リアルな人間関係のある友人知人は、このブログを一切知らない為、ブログに何を書いても心配の連絡が来たりはしない。

また私も何も考えずに書くことが出来る。

友人知人の目に触れる所には愚痴や落ち込み、ましてや精神疾患に関しては書きづらいのだ。


何度も続けばウンザリされるだろう。


一人で解決するのが1番良い。


そもそも精神疾患を他人に解決する手立てなどない。
私の場合は特に。

辛いしんどいと訴えても、実際にバイトに行かなければならないのは自分であり、通学して課題提出しなければいけないのも自分である。

それらが解決出来なければ私には何の意味もない。

「ちょっとくらい休んだって大丈夫、自分が大切」という気休めの言葉を貰ったところで、自給労働者の私は確実に来月の賃金は減るのだ。

だからブログにありったけ吐き出して自分で解決を図るのが1番良い。

対処法についても真剣に考えるようになる気がする。

前はすぐ元夫に甘えて、期待通りの反応がないと怒ってしまい、問題の本質がズレていた気がする。

これはこれでいい。

もちろん人に頼って甘えて精神が安定し、動けるようになる人はそれがいいと思っている。
わたしにはその方法は解決にならないというだけの話で、否定ではない。



それはともかくとして、実際に身体が思うように動いてくれない…。
何か実際に体に病魔が巣食っているのではと思うほど身体が怠いのだ。

動けない。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

仕事は仕方ないから、体調不良で休みますと伝えた。


大学には、友達や先生に「仕事が終わらないから」と嘘を吐いた。
先生に伝えるのは、欠席の回数は変わらないが、先生によっては社会人という事を考慮して下さる方がいるからだ。


仕事の欠勤が多い気がする…。
良くない、とても良くない。


精神疾患を抱えている事は、絶対に職場にも大学でも知られたくない。

普通の人間として映っていたい。

普通に生きてきたいから。


精神疾患に関する偏見などどうでもいい。
近年は恐らく偏見などもないだろう。

ただ私個人は普通に生きたいから。
職場や大学では精神疾患である事は忘れたい。

嫌でもこうした時に思い出してしまうから。


まるで別人のように、絶望的な未来しか想像できない。

4月にはキラキラした明るい未来でいっぱいだったのに。


こんな状態で、こんな精神を抱えてこの先1人で生きていく事を想像したら恐怖しかない。

4月までは父親がマンションを買ったから、最低限の額稼げば生きていけると、随分楽観的な考えていたはずなのに。

こうも考え方が急転直下で変わる物だったか…。


食欲が止まらなくて仕方なかったはずなのに、今は飲み物も飲む元気がない。
熱中症は面倒だから飲むだけ飲んでいるけど…。


あんなに、家にある物を片っ端から食べていたのに、今は食べたいものが何もない。


太り過ぎたから痩せるのにちょうどいいけれど。


生理前だったら嬉しい。

生理前ならこの精神状態の説明がつくから。

ただひたすらに急に辛い。


身体は鉛を飲んだようだし、頭も働かないし、これからやらなければいけない課題が山のような量に思える。

頓服を飲んで少し落ち着いたけれど。

課題を提出しなければ単位は取れない。


どうしようか、何故急に落ち込んだんだ。


謎の浮遊感に冷や汗が止まらない。

どうやって生きていけばいいのか急に分からなくなった。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ