収入0円!療養中アラサーが人生立て直すブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

カテゴリ: 断捨離

私は、「何か捨てないと死ぬ病」にかかっているので、一定期間ゴミ以外何も捨ててないと、「あ、何か捨てなきゃ!!」という強迫観念に駆られ、無理矢理にでも捨てる。



今日もディズニーランドでよくある、オーダーメイドで作るチャームを2つ捨てたよ…。


多分この2つで7,000円以上かかってるよね…。



私なんですぐノリでこういうの作っては捨てるんだろう…。



まずこれを作らない事で7,000円浮くし、物も増えないよね。


断捨離の「断つ」という部分を徹底しよう。


私の場合それだけで、貯金の面も解決すると思う。




それで、昔から大切にしてた宝物のセーラームーンのグッズもメルカリに出して売れた。


もうずっとずっと大切にしてたんだけど、おもちゃだし使わないし、不要といえば不要。



売れたからもうキャンセルって訳にもいかないんだけど、これで良かったのかな…という想いがふつふつと。


ミニマリストを目指しているからといって、思い出も簡単に捨てていいのかなあ〜という思いも少なからずあったりして。



他のものより思い入れが強かったしね。


残ってる子供時代からのおもちゃ、全部要らないっちゃ要らないよね。


おもちゃなんか絶対もう使わないし。


けども捨てられない。


完全に思い入れだけで、他人から見たらゴミ。


宝物って何なんだろうなあ。


夫から腕時計も貰ったので、グッチの腕時計、手放してもいいはずなんだけど、難しいよねぇ〜。笑



あと父親に買ってもらった、もう付けられない可愛すぎるヴィヴィアンの時計も。



ミニマリストになるにはこのあたりの感情とどう向き合うかだな〜。



難しい!


けどミニマリストになりたいっ!






お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

自宅にて大断捨離祭りを開催中。

まあ、家の不要品を整理してるだけなんだけど…。

断捨離が大好きで、定期的に開催する。


そんな中で、今の生きづらい自分を作った始めの一歩の様な出来事をふと思い出した。


小学生の頃、家庭科の授業でみんな買う裁縫道具。

いくつかのデザインの中から、自分の好きな物を選んで注文する。

小学生時代の私は水色が好きで、「ひえひえペンギン」というペンギンの絵柄の水色の裁縫箱にしようと決めていた。


しかし、その時仲の良かった親友の子に「一緒にプーさんのデザインにしよう」と強く言われた。

私はプーさんなんか好きではないし、プーさんの裁縫道具の色は緑。
絶対に嫌だった。

しかし、私は当時その子に何故か逆らえなかった。

その子は転校生で、急速に親しくなった。

親友と半分位一方的に認められ四六時中一緒に居たが、いい様に扱われていただけの気がする。

指の関節を強引に鳴らされ、本当に嫌だったがものすごい強い力で抵抗が出来ない。

その時に関節に出来た変なクセが未だに治っていない。


プーさんは本当に嫌だったので、「ペンギンにしたい」と訴えてみたが、恐らくダメだったのだろう。

逆らえず泣く泣くプーさんにした。

私の意外なチョイスに親も驚いていた。
「え、あんたがこれなの?」と。

届いた裁縫箱は何度見ても気に入らなかった。

その時はもう取り返しのつかない出来事だと、ひどく落胆した。

と同時に、自分の好きな様に自分の物を選べない事が本当に悔しかったし苦しかった。
人生で初めて味わう、強烈な負の感情だった。


とても自己中心的な友達だった。

自分のしたい事だけして、それに付き合わされた。

何で一緒にいたんだろう…。



思い返してみれば、そんなようなニセ親友がもう1人いたな。

全然楽しくない長電話にいつもいつも付き合わされた。

1時間から2時間付き合わされて、話すこともないのに本当にストレスだった。

最終的には寝たフリして無言だったな。


なんで喧嘩してでもひえひえペンギンを選ばなかったんだろう。

なんで電話に付き合ったんだろう。


そもそもなんで親友だったんだろう????

他人に私の好きなようにさせてもらえないことが、本当に本当に苦痛なんだ。

なのに他人に合わせてしまうんだな。



そんな事を思いながら、そのプーさんの裁縫箱を今日捨てた。

針とかハサミとか、必要な物だけ別にまとめておいて、外側の大きいプーさん箱は捨てた。


過去からやり直せるとしたら、絶対にひえひえペンギンの裁縫道具を選ぶ所からやりなおそう。




訪問ありがとうございます。
ランキング参加しておりますので、クリックしていただけたら嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私は断捨離が大好きで、しょっちゅう物を捨てている。


そのおかげで、物を捨てることに抵抗がほとんどなくなってしまった。



全くいいことではない。


半年使わないと捨ててしまう。

シーズン物はさすがに捨てないですよ!!


新品でもまだ使えても、ガンガンガンガン捨てられる。


しかしそれは断捨離本来の意味からはかけ離れているただの捨て魔。


まずは入ってくることを阻止する所から始めないと…。


すぐ捨てるくせにすぐ買うからね。


ぽんぽんぽんぽんと。


それをやめなければ。



そして何が言いたいのかというと、人に対してもそんな気持ちが少なからずあるという事。


夫と離婚すればいーか、と簡単に思っている自分にゲンナリ。



離婚云々はおいておいても、買う前にじっくり考えなければ。


これをきちんと使ってあげられるのかどうかを。




お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

それはズバリ、FF15のアプリ…。


まだFF15のアプリで受けた傷が癒えてない。


ポイントサイトのポイント目当てで始めたものの、
よく仕組みを分かっておらず、
「知らない人のギルド入るの嫌だなぁ」と思い、
自分でギルドを作ったらわんさか人が
入ってきてしまい、ギルドマスターを
やる事になってしまった。


暇を持て余していた私は、
「せっかくだからギルド強くしよう!」などと
思い立ち、無駄な責任感でギルドを盛り上げようと
頑張っていた。


FF15は戦争ゲームなので、
敵から容赦ない攻撃を受けたり、
揉め事が起こるので、よそのギルドと
対話をしたりして解決などしていた。


もっとギルドを発展させようと、
同盟を組んだり合併したのが運の尽き、
人間関係が出来上がり、現実世界と変わらない、
イザコザやらが出てきて、どんどんどんどん
面倒くさくなっていった。


更に、このゲームの凄いところは、
課金額が最低1万円。
一回1万円。

すごくないですか!?
最低額が1万円ですよ!?

しかし自分の城を強くするためには、
課金しなければならない。
よそに負けたくないという思いから、
このトンデモ課金をしていた。


戦争になってムキになった時は、
月5万円くらい課金したし、
本当に馬鹿としか言いようがないし、
人間関係といい、かなりの負担でしかなかった。

仕事ばりに負担だった。

最終的に揉めて、
仲間外れにされて、
戦争で燃やし尽くされ、
ほうぼうに悪口を吹き込まれ、
本当にいい思い出が何一つなかった。


結局トータルで40万円(!)くらいかけて
得た物は何一つなく、最悪な思い出しか
残らなかった…。


人間関係が出来上がってしまうとやめづらかったが、
「仕事辞めるよりははるかに簡単だよな」と
思って、アプリを消去してバックれた。笑



いや、ホントやめてよかった…。
全然課金したくないのに課金していた。

私の遊び方が良くなかったのもあると思う。


向こうも私のことを変な人と思っているかも
しれないが、「変な人たちと関わっちゃったな」
という思いしか残っていない。


もちろん良い人もいたけれど、
このゲームで主に関わっていた人たちとは
二度と関わりたくない。


本当にやめてよかった…。

もちろんアプリに課金するのは無駄だと
思っているが、同じアプリでもポケコロは
争いがなく、癒される…。

まあアイテムの交換とか始めると、
変な人と遭遇したりするんだけどね💧


もう二度と二度とオンラインゲームは
やらないと思う。
最低課金額が1万円なんてゲームは
そうそうないと思うが、
使ったお金といい、戦争のストレスといい、
変な人たちといい、トラウマ級の
ダメージを受けた。


絶対に戦争ゲームはやらないし、
ポケコロみたいな平和なゲームでも、
すぐ課金してしまうので、
もうアプリのダウンロードすらしないと思う。


それならば散財したほうがはるかにマシ!
プチプラをたくさん買って散財したって、
高額な物を買って悩んだって、
実物が手元に残るし、トラウマ級に
傷つく事はない。


私の2019年、断捨離して最も良かったものでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私はミニマリストを目指しているので、
物を最小限にする事を心がけている。

多分、一般的な女性に比べたら、
圧倒的に服やバッグやコスメなど少ないと思う。

新しい物を買ったら古い物は捨てて、
物が増えないように調整しているし、
そもそも買う時に「これを買うなら何か捨てなければ」と捨てる物を考えてから買っている。

そして定期的に断捨離も行なっている。
はっきり言ってもう捨てる物はないが、
それでも捻り出して捨てる。

そうまでして物を減らしたい。


それでも、本家のミニマリストの方々
(本家ってなんや)には敵わないくらい
物はまだまだある。


そして夫はミニマリストではない。
当然、服を買ったら古い服を捨てるなどないし、
定期的に断捨離などするわけではない。


しかし、夫は「コレクション」的な物が
一切ない…。

パソコン、ギター、バイク(と服)が
主な持ち物。

まず時計が使い捨てされている。
修理して大切に使うとかなく、
一個買って壊れたら新しい物を買う。

アクセサリーはつけないし、
(個人的に男性のアクセサリー苦手派)
カバンも4つしか持ってない。

カバンなんて私より少ないし…。

靴も靴箱におさまる程度しか持ってない。



けど私はそもそも、アーティストのグッズや、
ヴィヴィアンのコスメのコレクションがある…。

そしてアクセサリーは今のところ
収集をやめない予定。

圧倒的に負けている…。

「全体量」という意味では私の方が
少ないかもしれないが、
「本当に必要な物しかない」という意味では、
夫の方がミニマリストに近い。悔しい。


勝ち負けではないが、私は「少なっ」と
言われたいし思われたい。
けど結局夫とそう変わらない気がする。

私は靴が好きなのでまあまああるし。


というわけで、我が家は普通の男女夫婦に
比べたら、かなり物は少ない夫婦だと思う。


うちには本棚やサイドボードや棚などの、
収納の類が一切ない。
私は衣装ケースを利用しているが、
夫は衣装ケースすらない。
押し入れに直入れ。

なのに家が汚いから改善したいけど、
物はすでに少ないと思う。笑


あー夫に負けないようにもっと
本質的に物を減らしたい今日この頃。


お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ