仕事は仕方ないから、体調不良で休みますと伝えた。


大学には、友達や先生に「仕事が終わらないから」と嘘を吐いた。
先生に伝えるのは、欠席の回数は変わらないが、先生によっては社会人という事を考慮して下さる方がいるからだ。


仕事の欠勤が多い気がする…。
良くない、とても良くない。


精神疾患を抱えている事は、絶対に職場にも大学でも知られたくない。

普通の人間として映っていたい。

普通に生きてきたいから。


精神疾患に関する偏見などどうでもいい。
近年は恐らく偏見などもないだろう。

ただ私個人は普通に生きたいから。
職場や大学では精神疾患である事は忘れたい。

嫌でもこうした時に思い出してしまうから。


まるで別人のように、絶望的な未来しか想像できない。

4月にはキラキラした明るい未来でいっぱいだったのに。


こんな状態で、こんな精神を抱えてこの先1人で生きていく事を想像したら恐怖しかない。

4月までは父親がマンションを買ったから、最低限の額稼げば生きていけると、随分楽観的な考えていたはずなのに。

こうも考え方が急転直下で変わる物だったか…。


食欲が止まらなくて仕方なかったはずなのに、今は飲み物も飲む元気がない。
熱中症は面倒だから飲むだけ飲んでいるけど…。


あんなに、家にある物を片っ端から食べていたのに、今は食べたいものが何もない。


太り過ぎたから痩せるのにちょうどいいけれど。


生理前だったら嬉しい。

生理前ならこの精神状態の説明がつくから。

ただひたすらに急に辛い。


身体は鉛を飲んだようだし、頭も働かないし、これからやらなければいけない課題が山のような量に思える。

頓服を飲んで少し落ち着いたけれど。

課題を提出しなければ単位は取れない。


どうしようか、何故急に落ち込んだんだ。


謎の浮遊感に冷や汗が止まらない。

どうやって生きていけばいいのか急に分からなくなった。