休職中手当手取り12万円のアラサーが変わる為に色々頑張るブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

カテゴリ: 恋愛

料理がそんなに得意でなくても、胃袋を掴む事は出来る!


断言する!



そもそも私は料理が嫌いである。


だってめんどくさい。


作るのも面倒。


材料買い揃えて料理して後片付けして…。



嫌いなのでしてこなかったし、当然上手くない。


しかし!


ある事が出来れば胃袋を掴むのは容易いのである。



それは…





「食べたい時に食べたいものを出す事」






ズコーッ。



当たり前じゃん!!と思うかもしれないが、これが意外と難しいのだ。



子供の頃、夕飯を母親に聞いて、大して食べたい物でもなく、「あー…」とテンションが下がった記憶は無いだろうか。



逆に好物だったりすると、「マジ?キャッホー!!」とテンションが上がらなかっただろうか?



この「マジ?キャッホー!!」と思わせる回数が多い事が大切。



恐らくだけど、男性は繊細な味の違いなんて求めてないし、横文字系の料理は特に食べない。



エスニック料理、フレンチ料理などなど…。



私もそれはそれは盛大な勘違いをしていた。



胃袋を掴むために、レパートリーは幅広くなければならないし、凝った料理も作れるようにならなければいけないと。




経験は無いだろうか…。



「よーし、今日は凝った料理作るぞー!」と張り切って作ったのに、牛丼を食べる時よりお箸が進まぬ男性の姿を…。




私も一緒に住み始めた時は色々と作ったが、結局夫がいつも食べたがるのは「とり塩うどん」。


来る日も来る日もとり塩うどん。



それでにこにこ大満足なのだ。




ビーフストロガノフが作れたって、男が食べたくなければ意味がないのだ。



そんな事より、卵かけご飯が食べたい男に、さっと卵かけご飯を出す方がよっぽど喜ばれるのだ。


ここで、韓国のり+ごま油などと、余計なアレンジもいらないのだ。


確かに美味しいが、男が食べたいのはシンプルなお醤油の卵かけご飯なのだ。




ついついシャレオツアレンジしてしまう心理に「サッとひと工夫アレンジが出来る料理上手な私を見て」という心理はないだろうか?



それは結局自分のことしか考えていないのだ。



料理も恋愛も同じなのだ。



いかに相手のことを考えられるか。



表面的な部分でなく。



自分の自己承認欲求を抑えられらるか。



そこが胃袋を掴むコツだ。


と、↓こんな料理を平気で載せる人間が申しております。



IMG_2279








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

辛く苦しい恋愛をずーっとしてきた私の結果としては、男の人は結局行動ダナーーーーと思います。
思ってる以上にわかりやすい。


脈アリか脈ナシか考えてる時点でほぼ脈ない気がする。


好きだよ愛してると言われても、彼女じゃなきゃそれまで。


どんなに浮気してても浮気女と付き合ってなくて自分が彼女ならそれは自分が本命。(あっ、もちろんそんな男とはすぐ別れるべき)



どんなに喧嘩をしても結局別れず同棲して結婚してくれたなら愛されているのだと思います…。

面倒くさがりながらもデートしてくれたりね。




うちの夫の名言として「女が頑張らなきゃいけない恋は基本難しい」と言っていた。


まー、でもそれは夫の好みだと思いますがね。


でも分かる気はする。


夫は自分がガンガンアピールして口説き落とすのが好きなので、向こうからグイグイ来られるのは全く食指が動かないそう。



私は好きになったら結構好き好きダダ漏れアピールして避けられて実らず終わるタイプなので、夫が最初タイプじゃなくてマジ良かった…。



夫に死ぬほどグイグイこられたのだけど、タイプじゃなくて「あーうーん…いやぁー…ねぇ…?」などと煮え切らない態度をとり続けていたので夫のアピールが加速。



そんなグイグイアプローチされた事など今までなかったので(可哀想)あっさり心を動かされ交際。(そしてチョロい)




ま、そこからは私が好き好きで追いかける形になりましたがね!!

グイグイ同棲迫ってグイグイ結婚迫ったからね!!


付き合ってからはグイグイいっても平気だったのは助かったなあ。

まあうちの夫はナルシストだから「口説き落とした女が今は自分にメロメロで余裕こいてられる」って構図が大好物なのかもしれませんが。



やっぱ無理めパターンといけるパターンは手応えが全然違うよね〜。


こっちが好きだろうが好きじゃなかろうが向こうからグイグイ来るよね。


まーでも夫はほぼ会ったその日に告白されてその後も温度変わらず熱烈アプローチだったからかなり特殊な例ではあるけど…。



私の恋愛の成功例は男性側からアプローチされた2件しかない。笑

しかも最初好きじゃない状態から始まって付き合ってから好きになったパターン。


今まで片思いした人たちにはほぼ好意バレて、都合のいい女にされるか、避けられて終わるかしかなかった😹


実は自分から好きになった人と一回も付き合った事ない😂
一度でいいから顔がタイプで一目惚れした人と付き合ってみたかったよ。笑


昔、顔がめちゃくちゃタイプで一目惚れして片思いしてた人がいて、彼女がいたから諦めたんだけど、最近その彼女にひどいフラれ方したみたいで、そんなひどい振り方するなら私と付き合っとけば良かったのに!!って心底思った。



そんな捨て方するならあの時私にちょうだいよ、って。


いや別に脈とかなかったんですけど、すこーしいい感じだった時期あったんですよ。

今でも友達としてとても仲良いのだ。


あー悔しい。めちゃくちゃタイプな顔だったのに。

私だったら一途に一生愛したのに。



こんな事言ったら夫に怒られるー。

もちろん今夫に一途で浮わついたりしないし、上の話は夫と知り合う前の話ですよ。

そして好きになった後は夫が世界一かっこよく見えてますけどね。



そんな私の恋愛遍歴。



でもその中でも超ド級のどクズがいて、そいつのせいで私はメンヘラと化して今でも治らない。


正直10年以上経った今でも恨んでる。


恋愛の事だから私にすこっしも落ち度がないとは言わないけど、ほぼ相手が悪いと思う。


騙されてた。



何で急にこんな事書いたかっていうと、久しぶりにゴマブッ子さんのあの女ブログを読み返したから。



あの女ブログを読んで、綺麗売りを心がけて間違えて恋愛に翻弄していた頃が懐かしい。



ダメダメな夫ではあるけど、結婚して本当に良かったと思ってる。


もう二度と恋愛市場に足を踏み入れなくていい安心感。


ずっと自分だけの夫。(いや未来は分からないけどさ)



もう恋なんてしたくないんじゃーーーーーーーー。


私の様な情緒不安定メンヘラ恋愛依存にとっては恋は辛いもの。


恋愛依存のメンヘラなんて聞いたら普通彼氏途切れない可愛い子の専売特許だと思いますけど、ちょいブスの私もすみませんが恋愛依存体質メンヘラです😂😂😂



彼氏は途切れまくるし中々出来ないし、両思いに恵まれないし、片思いで情緒不安定になって振り回されるし…。


マジで可哀想😂


やっぱちょいブスだからね😂



だから恋愛市場から抜け出せて良かったーーーーーーーーーーー!!!!!!


もう恋なんてしなくて結構でスーーーーーーーーー!!!!!


っていうどうでもいい話でした。




お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

結婚して何が良かったかというと、対人スキルが飛躍的に向上する。


相手を通じて自分がどんな人間かっていうのがよくわかるし、他人はどこまでいっても他人、思い通りにはならないっていうのが痛いほどわかる。



その上でどうしようか考えるくせがつくし、我慢、妥協、譲り合いも覚える。




そうすると仕事上の他人に対しても、なんとなく「この人はこういうタイプだからこう出るか…」とか思えるようになるんだよね。




会社で女性に怒られると、夫が私に言ったことがフラッシュバックしたり。


「あぁ、こういうことか」と。



そして男女の違いって面白いよなあ。


男と女とで2パターンになんかくくれないと言われるが、ベースは一緒だと思う。



それでも一緒に居ようとするから人間て不思議だなあ。




人間についての理解が深まるから結婚はオススメ。


他人は思い通りには絶対ならないという事がハッキリ理解出来るだけで仕事がやりやすくなる。



他人と暮らしてみるのはおすすめだ。


でも最悪な仲違いして終わる可能性大だけど。



IMG_2240




お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いや、メシマズはダメだと思うけどね。


よく言われる、胃袋を掴むということ。

胃袋を掴む、で真っ先に思い浮かぶのが、手の込んだ料理が作れる料理上手な奥さんやお母さん。



けどさー、胃袋を掴むのに、料理のスキルはそんなに必要ない気がする…。


今まで手料理を食べさせた男性は3人程だけど、要するにニーズに合った物を出せばいいのではないだろうか。

それぞれ好きな食べ物、好みの味付け、などなどがもちろん違うので、合った物を出せばいいだけ。


そして手が込んでいる必要は全くなかった。


夫にいたっては、そもそも家庭料理を全然食べていない。

そんな夫の晩御飯は、鮭と納豆、鶏肉を使ったうどん料理、市販の無限もやし、無限キャベツのローテーションで大喜び。

とにかく夫がその日食べたい物を出せれば大喜びである。

今日の夕飯は無限もやし(サラダ麺増量ver)と豆腐と油揚げのお味噌汁、サラダチキンだけだ。


「いい嫁をもらった」と大喜びだった。



今日の献立、料理してないけどね…。


最近発売されて話題の無限もやしとキャベツ。

サラダ麺がもう少し多ければもっといいのに…とぼやいてたので、サラダ麺を別で買って、サラダ麺を多くした。

更に鶏肉が大好きなので、サラダチキン。

豆腐と油揚げのお味噌汁も大好物。

そして夫はダイエット中なので、これでいいらしい。


更に夫は、ハマったらずっと同じものを食べ続けるタイプなのと、初挑戦メニューを嫌う。

初挑戦メニューは、味が想像つかないので嫌なようだ。

味が分かっている安心感のあるメニューがお好みの模様。


夫の出して欲しいものを出せれば、こんな献立で大満足してくれる。


ちなみに冬は延々鍋を作っていた。


かつての彼氏たちもそうだった。

たまに張り切ってグラタンなどを作ると逆に不評だった。


けど、夫がどういうのが好みで、これは嫌いで、こないだああいってたからこうしてみよう、という所を抑えているのは、努力だと思う。


納豆ご飯食べたがっている人に、アクアパッツァ出しても胃袋は掴めないよね。

そういう事な気がする。

飽きないようにと色んなもの作ったりしてたが、そういうの求めてなかったみたい。

「俺のこと分かってるな〜」と思わせれば勝ちだ。

自分だってそうだもんね。

母親の料理が美味しかったのは、私の好みを熟知していたから。



上手に越したことはないが、手の込んだすごい料理作れなくても全く問題ない。

相手のことを観察して好みを把握すればよい。

だから付き合いたての彼女の料理が好みでなくても、あと何回かは食べてみて欲しいよね。

メシマズはともかく…。



今まで付き合った人は、全員好みが違ったのに、私の手料理大好きだったもんなあ。


訪問ありがとうございます。
ランキング参加しておりますので、クリックしていただけたら嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

もうね、相性が悪いんですよ。
何で結婚したんだっていうくらい。



今回の原因は、飼ってるウサギの水の替え忘れ。
もちろん夫がですよ。


ウサギを飼っているのですが、夫が男のくせに(男女差別?)潔癖で、糞尿の処理が出来ないと。
仕方なく私がそっちの汚い方をやってます。


新聞を使って処理してて、なくなったら新聞もせっせと実家から運び(新聞とってないので)、エサの牧草も無くなったら私が買いに行ってるのに、平気で水替え忘れたりするんですよ。



…死ぬほど頭にくる。



共感してくださる方いないかなぁ。
共働きで完全に割り勘、そしてお金も完全別の、いわゆる「ルームシェア婚」なのに、家事のほとんどを私が負担してる。



ほんっとに負担。
なのに夫は空のポテチの袋をゴミ箱に捨てることさえしない。


そのくせに亭主関白ぶって本当に腹が立つ!


夫も夫で、心に闇を抱えているので、キレ方がヒステリック&発狂気味。



もう疲れた誰か助けてよー
ミスチルのランニングハイ状態!



それで更に腹立つのが、既婚である事を隠してtwitterやったり、JKに下心丸出しのメッセージ送ってたりする事。



幸せって一体なんでしょうか…。


お金ギリギリゲーム辞めるはずが、楽天でポチってたし、ゲームに課金7,200円もしました。



バカだね。



お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ