手取り20万円のアラサーが変わる為に色々頑張るブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

カテゴリ: 恋愛

いや、メシマズはダメだと思うけどね。


よく言われる、胃袋を掴むということ。

胃袋を掴む、で真っ先に思い浮かぶのが、手の込んだ料理が作れる料理上手な奥さんやお母さん。



けどさー、胃袋を掴むのに、料理のスキルはそんなに必要ない気がする…。


今まで手料理を食べさせた男性は3人程だけど、要するにニーズに合った物を出せばいいのではないだろうか。

それぞれ好きな食べ物、好みの味付け、などなどがもちろん違うので、合った物を出せばいいだけ。


そして手が込んでいる必要は全くなかった。


夫にいたっては、そもそも家庭料理を全然食べていない。

そんな夫の晩御飯は、鮭と納豆、鶏肉を使ったうどん料理、市販の無限もやし、無限キャベツのローテーションで大喜び。

とにかく夫がその日食べたい物を出せれば大喜びである。

今日の夕飯は無限もやし(サラダ麺増量ver)と豆腐と油揚げのお味噌汁、サラダチキンだけだ。


「いい嫁をもらった」と大喜びだった。



今日の献立、料理してないけどね…。


最近発売されて話題の無限もやしとキャベツ。

サラダ麺がもう少し多ければもっといいのに…とぼやいてたので、サラダ麺を別で買って、サラダ麺を多くした。

更に鶏肉が大好きなので、サラダチキン。

豆腐と油揚げのお味噌汁も大好物。

そして夫はダイエット中なので、これでいいらしい。


更に夫は、ハマったらずっと同じものを食べ続けるタイプなのと、初挑戦メニューを嫌う。

初挑戦メニューは、味が想像つかないので嫌なようだ。

味が分かっている安心感のあるメニューがお好みの模様。


夫の出して欲しいものを出せれば、こんな献立で大満足してくれる。


ちなみに冬は延々鍋を作っていた。


かつての彼氏たちもそうだった。

たまに張り切ってグラタンなどを作ると逆に不評だった。


けど、夫がどういうのが好みで、これは嫌いで、こないだああいってたからこうしてみよう、という所を抑えているのは、努力だと思う。


納豆ご飯食べたがっている人に、アクアパッツァ出しても胃袋は掴めないよね。

そういう事な気がする。

飽きないようにと色んなもの作ったりしてたが、そういうの求めてなかったみたい。

「俺のこと分かってるな〜」と思わせれば勝ちだ。

自分だってそうだもんね。

母親の料理が美味しかったのは、私の好みを熟知していたから。



上手に越したことはないが、手の込んだすごい料理作れなくても全く問題ない。

相手のことを観察して好みを把握すればよい。

だから付き合いたての彼女の料理が好みでなくても、あと何回かは食べてみて欲しいよね。

メシマズはともかく…。



今まで付き合った人は、全員好みが違ったのに、私の手料理大好きだったもんなあ。


訪問ありがとうございます。
ランキング参加しておりますので、クリックしていただけたら嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

もうね、相性が悪いんですよ。
何で結婚したんだっていうくらい。



今回の原因は、飼ってるウサギの水の替え忘れ。
もちろん夫がですよ。


ウサギを飼っているのですが、夫が男のくせに(男女差別?)潔癖で、糞尿の処理が出来ないと。
仕方なく私がそっちの汚い方をやってます。


新聞を使って処理してて、なくなったら新聞もせっせと実家から運び(新聞とってないので)、エサの牧草も無くなったら私が買いに行ってるのに、平気で水替え忘れたりするんですよ。



…死ぬほど頭にくる。



共感してくださる方いないかなぁ。
共働きで完全に割り勘、そしてお金も完全別の、いわゆる「ルームシェア婚」なのに、家事のほとんどを私が負担してる。



ほんっとに負担。
なのに夫は空のポテチの袋をゴミ箱に捨てることさえしない。


そのくせに亭主関白ぶって本当に腹が立つ!


夫も夫で、心に闇を抱えているので、キレ方がヒステリック&発狂気味。



もう疲れた誰か助けてよー
ミスチルのランニングハイ状態!



それで更に腹立つのが、既婚である事を隠してtwitterやったり、JKに下心丸出しのメッセージ送ってたりする事。



幸せって一体なんでしょうか…。


お金ギリギリゲーム辞めるはずが、楽天でポチってたし、ゲームに課金7,200円もしました。



バカだね。



お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

私は顔面偏差値37〜42くらいのちょいブスである。

出会い目的でない大勢の飲み会や、合コンなど、複数の女性がいる場所では確実に不利な容姿だ。

しかし、夫には毎日「可愛い」と言ってもらっているので、自己肯定感はそこまで低くない。(聞いてねーよ)

夫よありがとう。



さて、そんなちょいブスにありがちなのが、いきなり髪型を大胆に変えて失敗するということ。


だがしかし、ある点に気をつければそう失敗しない事に気付いたのでここに記す。


とても簡単。


前髪とサイドを絶対に絶対に長めに残すこと!


これさえすれば、そうそう失敗するということはない。

サイドは、一昔前に流行った、所謂「触角」だ。

某アイドルがこぞってやっていたあの髪型は大成功だと思う。

顔面偏差値補正がかかる。

そもそも、前髪とサイドがあまり変わらなければ、印象ってほとんど変わらない気がする。


しかし、気をつければいけないのが、オシャレな美容室なんかで、「前髪とサイドは長めに残してください!!」というと、「えぇっ!?そこだけ残すの?切っちゃおうよ」などと反対されかねない。

美容師さんによっては、こちらの顔面偏差値など御構い無しに流行りでシャレオツな髪型だけを追求するタイプもいる。


ここは要注意だ。

ここで「あ…そうですよね…じゃあ…はい…」などと言おうものなら、あっという間に和田アキ子の完成だ。

美容室を出た直後は、美容師さんのスタイリングマジックがかかっているが、シャワーを浴びたらもう和田アキ子だ。

ここは強く主張しよう。


もし、思い切り髪型変えたいけど、失敗したくないちょいブスの方がいらしたら試して欲しい。

失敗したらごめん。



お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

何度かブログに書いているのだけど、夫は本当にメイクを嫌がる。

多分俗に言う、グラビアアイドルメイクが好きなんであろう。


グラビアアイドルメイク自体は説明できないけど、女性誌の表紙の女性のメイクと、男性誌の表紙の女性のメイクを比較すると一目瞭然!


男性氏の方はほとんど色がない。


チークとか口紅とか。


男性ウケメイクを学ぶにはちょうどいいけどさぁ〜。



一般女性、私なんかはちょいブスだし、そういうメイクホントキツイ。


うちの夫はまず色の付くものは絶対NG。


チーク、口紅、茶色のアイシャドウなどは付けると即嫌がる。




でもそれ以外はメイクしてるかしてないか区別つかない。


スッピンで過ごしていたら、「何でそんなメイクばっちりしてんの?」などとわけのわからない事を言う。



とにかくメイクが少しでも濃いのが嫌い。



昨日2人で長崎ちゃんぽんを食べに行ったのだが、眉毛だけ描いて、フェイスパウダーとアイラインのみで行ったら「今日のメイクいいじゃん」とか言い出した。




普通に考えてみたらありがたい話なんだけど、こんな化粧で普段から出かける勇気無いって…。


30超えてるちょいブスなのにグラビアアイドルメイクはキツイ。


いやぁ、誰も気にしてないとはいえ、もう少しメイクしたいって。


夫のニーズに応えたいけどさぁ…。


難しい〜。


男性誌の表紙の女性と、女性誌の表紙の女性のメイクはだいぶ違うね〜。


これは面白い。



IMG_3094



お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

散々、朝まで怒鳴りあったとか、暴れん坊将軍だとか、借金があるとか書いておいてなんなんですけども。




1つだけ、他の男に負けない私にとっていい所があるんですよ!!!!!



私は恋愛に対しては少々トラウマを抱えてまして。


トラウマは大げさすぎかな。


まあ夫もそうかもしれないけど、好きになってきた男性があまりいい男性ではない…。


元カレはハイパー浮気魔ですごかった。



あれはもう本人も病んでいたと思う。



「この心の闇は私の手に負えない…」とドン引き。


浮気がショック、とかそういうのすごい勢いで通り越して「うむ、私で手に負える物件ではないな」とスーッと引くレベルだった。


元カレに関しては、自分も歳も歳だし、見抜けなかった自分が悪いんでいいんですけど。



若い頃の純粋な心を弄んだ、7つ上の男性はタチが悪かったと思う。


その時の私は何にも知らない真っさらな女の子だった訳なんですが。


7つの上のタチの悪い男性に目をつけられてしまってね…。



それはそれは散々な目にあったわけですよ。


若いから目をつけられて仕方なかったんですが、純粋な心を弄んだのはヒドイと思う。


ただ若いってだけでOKな男性って結構居ますからね…。



そういう訳で、浮気する人間が大嫌いなんです。


特に複数の女性と付き合って武勇伝のように自慢してたりする男性には嫌悪感。



話が逸れましたが、うちの夫の最高なところは、「束縛されてくれる所」!!


普通の男性は耐えきれないような束縛に耐えてくれます。



どこかへ行ったら必ず伝票の写真を送ってくれます。


ほら、ただの写真だといくらでもごまかしが効きますよね?


でも伝票だったら、時間も日付も入ってるし、場所もわかるし…。



優しいんですよ。
(え?ドン引き???)


あとスマホの暗証番号も教えてくれてます。
(え?ドン引き???)



普通の男の人は耐えられないと思う。



そして友達がいない所もいい。


普通はマイナスなんでしょうけど、友達と遊びに行くとか、旅行行くとかが一切ないのでとてもいいです。


お酒もタバコも嫌いなので、飲み会とかももちろん行かないし。
(でもお酒強い所もいい)



これは他の男性にはなかなか出来ない、無い良さなんですよね、私にとって。



夫に対してのことになると、途端に情緒不安定になってしまうので。



今日も伝票送ってくれました。

本当に最高な夫です。

いい男だな〜。

何で今までそこに感謝して来なかったんでしょうか。


たまには褒めときます。笑


はい、要するにどっちもどっちな夫婦です。笑






お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ