休職中無収入のアラサーが変わる為に色々頑張るブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

カテゴリ: 断捨離

今日は休みなので、自宅にて大断捨離祭りを開催中。

まあ、家の不要品を整理してるだけなんだけど…。

断捨離が大好きで、定期的に開催する。


そんな中で、今の生きづらい自分を作った始めの一歩の様な出来事をふと思い出した。


小学生の頃、家庭科の授業でみんな買う裁縫道具。

いくつかのデザインの中から、自分の好きな物を選んで注文する。

小学生時代の私は水色が好きで、「ひえひえペンギン」というペンギンの絵柄の水色の裁縫箱にしようと決めていた。


しかし、その時仲の良かった親友の子に「一緒にプーさんのデザインにしよう」と強く言われた。

私はプーさんなんか好きではないし、プーさんの裁縫道具の色は緑。
絶対に嫌だった。

しかし、私は当時その子に何故か逆らえなかった。

その子は転校生で、急速に親しくなった。

親友と半分位一方的に認められ四六時中一緒に居たが、いい様に扱われていただけの気がする。

指の関節を強引に鳴らされ、本当に嫌だったがものすごい強い力で抵抗が出来ない。

その時に関節に出来た変なクセが未だに治っていない。


プーさんは本当に嫌だったので、「ペンギンにしたい」と訴えてみたが、恐らくダメだったのだろう。

逆らえず泣く泣くプーさんにした。

私の意外なチョイスに親も驚いていた。
「え、あんたがこれなの?」と。

届いた裁縫箱は何度見ても気に入らなかった。

その時はもう取り返しのつかない出来事だと、ひどく落胆した。

と同時に、自分の好きな様に自分の物を選べない事が本当に悔しかったし苦しかった。
人生で初めて味わう、強烈な負の感情だった。


とても自己中心的な友達だった。

自分のしたい事だけして、それに付き合わされた。

何で一緒にいたんだろう…。



思い返してみれば、そんなようなニセ親友がもう1人いたな。

全然楽しくない長電話にいつもいつも付き合わされた。

1時間から2時間付き合わされて、話すこともないのに本当にストレスだった。

最終的には寝たフリして無言だったな。


なんで喧嘩してでもひえひえペンギンを選ばなかったんだろう。

なんで電話に付き合ったんだろう。


そもそもなんで親友だったんだろう????

他人に私の好きなようにさせてもらえないことが、本当に本当に苦痛なんだ。

なのに他人に合わせてしまうんだな。



そんな事を思いながら、そのプーさんの裁縫箱を今日捨てた。

針とかハサミとか、必要な物だけ別にまとめておいて、外側の大きいプーさん箱は捨てた。


過去からやり直せるとしたら、絶対にひえひえペンギンの裁縫道具を選ぶ所からやりなおそう。




訪問ありがとうございます。
ランキング参加しておりますので、クリックしていただけたら嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

私は、「何か捨てないと死ぬ病」にかかっているので、一定期間ゴミ以外何も捨ててないと、「あ、何か捨てなきゃ!!」という強迫観念に駆られ、無理矢理にでも捨てる。



今日もディズニーランドでよくある、オーダーメイドで作るチャームを2つ捨てたよ…。


多分この2つで7,000円以上かかってるよね…。



私なんですぐノリでこういうの作っては捨てるんだろう…。



まずこれを作らない事で7,000円浮くし、物も増えないよね。


断捨離の「断つ」という部分を徹底しよう。


私の場合それだけで、貯金の面も解決すると思う。




それで、昔から大切にしてた宝物のセーラームーンのグッズもメルカリに出して売れた。


もうずっとずっと大切にしてたんだけど、おもちゃだし使わないし、不要といえば不要。



売れたからもうキャンセルって訳にもいかないんだけど、これで良かったのかな…という想いがふつふつと。


ミニマリストを目指しているからといって、思い出も簡単に捨てていいのかなあ〜という思いも少なからずあったりして。



他のものより思い入れが強かったしね。


残ってる子供時代からのおもちゃ、全部要らないっちゃ要らないよね。


おもちゃなんか絶対もう使わないし。


けども捨てられない。


完全に思い入れだけで、他人から見たらゴミ。


宝物って何なんだろうなあ。



私は人生で一番欲しかったのは夫なので、夫が手に入った時点でもうアクセサリーとかも夫から貰ったもの以外手放す位の勢いでもいいんだけど。



夫から腕時計も貰ったので、グッチの腕時計、手放してもいいはずなんだけど、難しいよねぇ〜。笑



あと父親に買ってもらった、もう付けられない可愛すぎるヴィヴィアンの時計も。



ミニマリストになるにはこのあたりの感情とどう向き合うかだな〜。



難しい!


けどミニマリストになりたいっ!






お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

断捨離というか、とにかく物を捨てるのが好き。


こういうのなんて言うんでしょう?


私的捨ての巨匠、ゆるりまいさんの言葉を借りるなら「捨て変態」。


本当、捨てることに快楽を感じる…。笑



バッグは5個くらい。


服も相当少ない。


今度枚数数えてブログにあげてみよう。



メルカリなども活用して、とにかく日々物を減らしている私。



そうしていると当たり前ですが、「捨てるものがない状態」に陥るんですよね…。


しかし捨て変態、そんな事では捨てる快楽には勝てない!



というわけで、「捨てるものがない状態」に陥った時に打破する方法。



それは…



「大事にとっておかない」




コンサートグッズとか、使いたくない何かのグッズ。


ちょっと高い食器。


ちょっと高いアクセサリー。


おろす!おろす!おろす!



そうすると、今使ってるどうでもいいものが、ところてん式に押し出されて捨てられるはず。


前にも書いたけど、大事にとっておいてどうするの???


その大事にとっておいたものは、誰かが代わりに使うの??



今を生きる大切な自分のために、大切な物を使おう!!!と、私は思ってしまうんですよね…。



高価なものじゃなくったって。



え?SEIYUの靴とか雑誌の付録のカバン使ってる人が言うには説得力に欠けるって???


そ、そうですよね…。笑




でもそれは好きで使ってるっす。



大事にとってある記念品とか、ドンドコ使って普段をスペシャルに!!!!



私は「もったいなくて使えない」というのは無いっす!!



ぜひお試しあれ。








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

まー、私は「断捨離アン」とは違って、ただ物を捨てて捨てて身軽になりたいだけの「捨て魔」なので、断捨離とはちょっと違うけど、便宜上断捨離という言葉を使わせていただきます。


断ててないし。笑


物を捨てて捨てて、最終的にはトランク1つ分位の荷物にしたい。


自分の荷物を。



そんな私はハッキリ言って、もう捨てるものが無い。


日々何か捨てる物はないかと探し続けては、自問自答して捨てる日々なので、もうほとんどない。



だけど捨てたい。(どんだけ!!!!)



そんな時は物に対しての視点を変えるしか無い。



それは、「他人から見たらゴミかどうか」。



例えばこれ↓


IMG_2866



子供の頃からこのキキララのポケットティッシュが大好きで、今はもう廃盤のこのポケットティッシュ。


20年以上取ってあった。


これ、私がもし亡くなったら、他人から見てただのポケットティッシュですよね…?


私には「20年以上取っといた大事なポケットティッシュ♡」だけど、他人から見たら「捨てても良いくらいのポケットティッシュ」。


遺品整理の時に捨てられるよね。




よっし!!!!捨てよ。(早)



例えばこれが、アクセサリーとかだったら、他人から見て趣味が違ったとしても、売ったりしてお金に変えられたりして価値があるものになると思う。



でも、これはポケットティッシュ。捨てよ。(2回目)



実際のところは捨てずに使います。自分のために。



大事にとっておかないで、今生きてる大切な自分のために使おう、このポケットティッシュ。


という風に、「思い入れ」という視点に縛られず見ると案外まだまだ捨てられるものがたくさんあると思います。



私はただ捨てたいので、思い入れという感情と日々戦っている。
(その戦いの果てに何が…?)



思い入れを捨てるのが1番大変です。


なので、高価なアクセサリーが1番残ってるなあ。


これは、思い入れ+価値が付くから。



ちなみに私はアクセサリーはもう1万円以下のものは絶対買わないです。


売れないだろうから、絶対捨てちゃってお金の無駄になる…。



ただそんな私が唯一買ってしまうのはQ-pot…。


何故あんなに可愛いのか。




そんなこんなで何か捨てる物は無いか日々探す毎日。


メルカリはいいね。


捨てる罪悪感が無くなるから。



本当は断捨離の精神に則って、「断つ」のが私にとって一番なんですけどね…。


すぐ無駄遣いする上にすぐ捨てるから。


ちなみに、誰も興味ないと思いますが、私が何故この様な捨て魔になったかというと、部屋が片付けられないから。


子供の頃から部屋が汚かった。


「物がなければ散らからないのでは?」という考えから、捨てまくっている。


中々有効で、散らかるにしても限度があるので片付けやすくてとても良いですよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

実家に帰ってきております。


IMG_2693



実家の私の部屋の本棚↑


ここはぎちぎちだけど、上の方は何も入ってない本棚。



L'Arc〜en〜Cielもといhydeが大好きで、雑誌何やらたくさんあるのだけど、私は



3冊ずつ



買うのでかなりの場所を取るんですね…。

※閲覧用、保管用、予備の3冊。笑




思い切って、1冊だけ残して後は売ることにしました。




VAMPS関連はもう売ってしまおうかなと思って少しずつ減らしているのですが、hydeがかっこよくて売れない。゚(゚´ω`゚)゚。




だけども売る!



というわけで、40冊位持っていったぞ!!





気になるお値段は!






¥2,600




でした。



ちょっと重いけど、まとめて持っていくのが吉。




売った雑誌の写真撮ろうと思ったのに忘れた。





ついでにプレミアムバンダイも売ってきて、¥2,060。




併せて¥4,660かぁ…。




しかし無情にもこれから病院に行くので病院代でトントンかな。



病院代と交通費でマイナスにならなくて良かったと思おう。




いつかお金持ちになったらL'Arc〜en〜Ciel部屋を作りたいなー。



雑誌とグッズ並べて。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ