手取り20万円のアラサーが変わる為に色々頑張るブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

カテゴリ: 断捨離

ミニマリストを目指して、時たま断捨離が過ぎてしまう。


「一個買ったら一個捨てる」

という事にこだわり過ぎて、超気に入ってるものでも捨ててしまう。



そして……買い直す……。



キングオブ無駄!


断捨離はそもそもを無駄をなくす事が教えなのに…。


買って捨てるのは断捨離でもなんでもない。



フェリシアフェリースイデアーレという、私の大好きなショップがある。

(現在は「フェリシア」という名前になった模様。フェリシアフェリースイデアーレの方が個人的には好きだ)



IMG_2261

画像お借りしました。


このポーチの赤を愛用していたのだが、新しい化粧ポーチが欲しくなり、買って、このポーチの赤を捨てた。



が、新しく買ったポーチが使いづらく、別のものを買った。

その別のポーチも、結局惰性で買ったようなもの。




そしてしばらくして、ここのポーチが復活している事を知り、また買ってしまうという、キングオブ無駄。



更に、ピンクより赤の方が好きだし、エンブレムが当時とは微妙に違ったりして、前の方が好きだった。


全然買い直す必要なし…。



まあ、ボロいといえばボロかったかもしれないけど。

何年も使ってたから。



でもわざわざお気に入りの物を買い直す必要は無かったなあ。




IMG_2262



IMG_2263


画像お借りしました。



このトートとチャームも買ってしまった。


チャームは新商品だが、トートと昔別のチャームも捨てた。



けど、やっぱり私はフェリシアが大好きなんだな。




しかし、自分の好きなものを見極めるって難しいー!!!!!!!!


断捨離が先行してしまい、「要るか要らないか」が判断基準なので、「要らない、使わない」となると超お気に入りでも捨ててしまう。


でも買い直すほど気に入ってるなら、これからは間違えないようにしなくちゃ…。



自分の好きなものを見極める力はこれからの人生に必要な力だと思うからなあ。



ところで、私の大好きな「フェリシアフェリースイデアーレ」は検索すればすぐ出てくるのだが、アクセサリーパーツ屋さんに路線変更してしまった事と、やっぱり赤レンガ倉庫の実店舗で見る方が可愛い!!!!


興味を持った方はぜひ検索してほしいけれど、オンラインショップはいまひとつなんというか…。



でもアクセサリーパーツ屋さんになってからは、赤レンガ倉庫の方にも行ってないからなあ…。



でも昔は本当に可愛いかったんだよー!!


靴がモチーフというコンセプトも好き。







お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

全く「断」が出来ない…。


私は物を捨てる事に抵抗がなく、バンバン捨てる。

古い新しい、使える使えない、は、基準にならないので、今日買ってきた物でも捨てられる。


そう、今日買ってきたものでも捨てられるのが問題なのだ…。


そもそも、今日買って今日捨てるような物を買うなという話…。


さすがに、今日買って今日捨てるはほとんど無いが、お菓子などはとてもいい例。



やたら大量に買うくせに、食べきれずに捨てる。

いや、むしろ食べない事もある。


そんな時は、リビングの旦那ゾーンに置いておくと、旦那が食べてくれるので、お菓子は無駄にはならない。

ただお金がもったいない!!!!


食べないなら買わなけりゃいいのに…。



お菓子以外にもたくさんある。

ちょっとした小物とか。


「これ買ったけど使わなかったな〜」と、捨てる事は簡単。


しかしそもそも気軽に買うなよおおおお、自分!



布団のシーツとかもそう。


楽天で安い物を買って、使い勝手が悪く、無印で買い直して結局捨てるっていう…。


これさえ直せばもう少しお金が貯まりそうだ。



食糧の買い置きはようやくやめることが出来た。


結局、その時の気分で買っているので、同じ気分になる事がなく、期限が切れて捨てるっていう。




これは本当にどうしたらいいんでしょうねぇ…。



この間もディズニーに行って、旦那からミニうどんをリクエストされていたので、ミニうどんは買った。


しかし、ついつい限定のソフトキャンディなど、余計な物を買いたくなる。


そこはぐっとこらえた。

何故なら家にはまだ食べてないキャンディがたくさんあったから!!



私の断捨離において1番難しいのは「断」だな。






お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

IMG_1531
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私は躊躇なく物をバンバン捨てる方だ。

基本的に新しい古い関係なく捨てられるが、やはり新品に近い物は捨てづらい。

そんな時はズバリ。




「3ヶ月位放置してみる」



これをする事により、新品ではなくなるし、その時の情熱が無くなるので捨てやすくなる。




…テクでもなんでもない。



今、捨てにくい物でも、時間が経つとあっさり捨てられる場合もあるという事。



ちなみにタイトルにも書いたが、卒アルを捨てようとした時はさすがに親に止められた為断念。


捨てようとして、まとめて置いておいた物を見られ、怒られた。



こっそり捨てるしかないな。




そして集めていたセーラームーンのミニチュアリータブレットシリーズをごっそりまんだらけに売りにいく予定。

あとついでにガチャガチャも。


ガチャガチャ系は値段つかないかもしれないけど…。



部屋が大分スカスカになってきた。


やっぱり物を捨てる、手放すって最高に気分がいいなあ。


IMG_1550








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は休みなので、自宅にて大断捨離祭りを開催中。

まあ、家の不要品を整理してるだけなんだけど…。

断捨離が大好きで、定期的に開催する。


そんな中で、今の生きづらい自分を作った始めの一歩の様な出来事をふと思い出した。


小学生の頃、家庭科の授業でみんな買う裁縫道具。

いくつかのデザインの中から、自分の好きな物を選んで注文する。

小学生時代の私は水色が好きで、「ひえひえペンギン」というペンギンの絵柄の水色の裁縫箱にしようと決めていた。


しかし、その時仲の良かった親友の子に「一緒にプーさんのデザインにしよう」と強く言われた。

私はプーさんなんか好きではないし、プーさんの裁縫道具の色は緑。
絶対に嫌だった。

しかし、私は当時その子に何故か逆らえなかった。

その子は転校生で、急速に親しくなった。

親友と半分位一方的に認められ四六時中一緒に居たが、いい様に扱われていただけの気がする。

指の関節を強引に鳴らされ、本当に嫌だったがものすごい強い力で抵抗が出来ない。

その時に関節に出来た変なクセが未だに治っていない。


プーさんは本当に嫌だったので、「ペンギンにしたい」と訴えてみたが、恐らくダメだったのだろう。

逆らえず泣く泣くプーさんにした。

私の意外なチョイスに親も驚いていた。
「え、あんたがこれなの?」と。

届いた裁縫箱は何度見ても気に入らなかった。

その時はもう取り返しのつかない出来事だと、ひどく落胆した。

と同時に、自分の好きな様に自分の物を選べない事が本当に悔しかったし苦しかった。
人生で初めて味わう、強烈な負の感情だった。


とても自己中心的な友達だった。

自分のしたい事だけして、それに付き合わされた。

何で一緒にいたんだろう…。



思い返してみれば、そんなようなニセ親友がもう1人いたな。

全然楽しくない長電話にいつもいつも付き合わされた。

1時間から2時間付き合わされて、話すこともないのに本当にストレスだった。

最終的には寝たフリして無言だったな。


なんで喧嘩してでもひえひえペンギンを選ばなかったんだろう。

なんで電話に付き合ったんだろう。


そもそもなんで親友だったんだろう????

他人に私の好きなようにさせてもらえないことが、本当に本当に苦痛なんだ。

なのに他人に合わせてしまうんだな。



そんな事を思いながら、そのプーさんの裁縫箱を今日捨てた。

針とかハサミとか、必要な物だけ別にまとめておいて、外側の大きいプーさん箱は捨てた。


過去からやり直せるとしたら、絶対にひえひえペンギンの裁縫道具を選ぶ所からやりなおそう。




訪問ありがとうございます。
ランキング参加しておりますので、クリックしていただけたら嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私は、「何か捨てないと死ぬ病」にかかっているので、一定期間ゴミ以外何も捨ててないと、「あ、何か捨てなきゃ!!」という強迫観念に駆られ、無理矢理にでも捨てる。



今日もディズニーランドでよくある、オーダーメイドで作るチャームを2つ捨てたよ…。


多分この2つで7,000円以上かかってるよね…。



私なんですぐノリでこういうの作っては捨てるんだろう…。



まずこれを作らない事で7,000円浮くし、物も増えないよね。


断捨離の「断つ」という部分を徹底しよう。


私の場合それだけで、貯金の面も解決すると思う。




それで、昔から大切にしてた宝物のセーラームーンのグッズもメルカリに出して売れた。


もうずっとずっと大切にしてたんだけど、おもちゃだし使わないし、不要といえば不要。



売れたからもうキャンセルって訳にもいかないんだけど、これで良かったのかな…という想いがふつふつと。


ミニマリストを目指しているからといって、思い出も簡単に捨てていいのかなあ〜という思いも少なからずあったりして。



他のものより思い入れが強かったしね。


残ってる子供時代からのおもちゃ、全部要らないっちゃ要らないよね。


おもちゃなんか絶対もう使わないし。


けども捨てられない。


完全に思い入れだけで、他人から見たらゴミ。


宝物って何なんだろうなあ。



私は人生で一番欲しかったのは夫なので、夫が手に入った時点でもうアクセサリーとかも夫から貰ったもの以外手放す位の勢いでもいいんだけど。



夫から腕時計も貰ったので、グッチの腕時計、手放してもいいはずなんだけど、難しいよねぇ〜。笑



あと父親に買ってもらった、もう付けられない可愛すぎるヴィヴィアンの時計も。



ミニマリストになるにはこのあたりの感情とどう向き合うかだな〜。



難しい!


けどミニマリストになりたいっ!






お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ