買ってみたものの、色が合わなくて1〜2回の使用で使わなくなってしまった化粧品が結構出てきた…。

あと、普通に合わなかったり。


ランコムの日焼け止め乳液、@cosmeで評価高くてワクワクして買ったんだけど、あんまし良くなかった…。


日焼け止め全般がダメなのか、顔用の日焼け止めを塗ると肌がカッサカサになってしまう。

ニベアは安いからかと思いきや、ランコムもダメだった。



そして前に書いたシャネルのパウダー。

パフが良くないのか(コットンに毛が生えた程度)塗ると逆に毛穴が目立つタイプのパウダーで、私の肌にはキャンメイクの方が良かった…。


どっちも6,000円〜8,000円…。


もったいない。

しかし人にあげるのも…。

そして化粧品はさすがに使用済みは売れないよなあ…と思いきや、買取業者がいるとのこと!


ネットで調べて、「リコスメ」に売ってみた。


結構簡単で、ネットから買取申し込みフォームに入力して、着払いで送るだけ。

今回売ったのはこれ↓

IMG_1175


ランコムの日焼け止め乳液…6,000円くらい

シャネルのパウダー…8,000円くらい

エテュセのチーク…2,500円くらい

メイベリンの口紅…1,200円くらい

セザンヌの下地…700円くらい

計18,400円くらい。



定価金額計1万円以上から買取してくれる。


計算が終わり次第、メールで結果がくるのだが、それが届いた。



ドキドキしながら査定結果を見てみると…






































100円。


ズコーッ!!!!


あ、そう、そんなに安いですか…。

使用済みの化粧品なんで仕方ないけどね…。


さすがにショックだわ。

メルカリに出したらかなりの儲け出るよね?

ショックだが仕方ない。



どうしても納得いかない場合は返送してくれるらしいけど、要らないもんなあ。



メルカリに出したら?と思うだろうが、ネットオークションはめんどくさくて嫌いなのだ。


昔、今ほどネットオークションが主流ではなかった頃、モバオクというオークションサイトがあった。


当時はヤフオクとモバオクくらいしか私は知らず、ヤフオクは成人してて、クレジットカードやら身分証が無いと登録出来ず、私には敷居が高かった。


モバオクは今のメルカリのごとく、簡単に登録してすぐ始められた。

なので、中高生から二十歳前後、20代前半の主婦がほとんどで、使った化粧品が飛ぶように売れた。


1/3くらいしか残っていないアナスイのアイクリームや使用感アリアリのアナスイのポーチなども800円〜1000円で売れた。


しかし、やはりメールのやり取りと梱包発送がとんでもなくめんどくさかったのだ…。

もちろん途中で音信不通になるやつはいたし(言い訳は大体インフルエンザ)、3N(ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセル)とかローカルルールが本当にめんどくさかった。


当時私は高校を中退し、家にお金を入れずバイトしていたので、アナスイとか高い化粧品も買えたし、暇もあった。


けど今そんなの無理…!



100円は納得いかないけど、まあいいかあ。

使用済みだし。



長くなったが、いらない化粧品買取専門店「リコスメ」利用してみた感想でした。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フラッフィーズ ぬいぐるみ Mサイズ はりねずみ ハリネズミ
価格:2592円(税込、送料別) (2018/4/20時点)





訪問ありがとうございます。
ランキング参加しておりますので、クリックしていただけたら嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村