本当に仕事辛い。


毎日同じ時間に同じ方面の電車に乗る変わらない景色が本当に嫌で嫌で。


毎日見る同じホームの景色がたまらなく嫌だった。



電車に乗るのがどうしても嫌で、ベンチに座って1本見送ったり、快速じゃなくて各駅に乗ったり。


仕事始まっちゃうのが嫌で仕方なくて、職場の最寄り駅に着いても悪あがきして「5分だけ」って心の準備の為に入るファミマ。


もう行かなきゃって思いながら、全然買う気のないファミマのコスメのコーナーとか見て。

少し早く着いたらイートインコーナーでカフェラテ飲んで心の準備…。


そんな事してたらそのファミマ自体嫌いになった。



いざ職場に着いても、トイレに行ったりリップ塗ったり、買ったお茶一口飲んで悪あがきして…。


その心の準備すらも引き継ぎで遮られて辛かったっけ。



うちの職場は1時間前出勤が当たり前で、着いたらすぐ業務始めなきゃいけなくって、だから最初の業務が終わってもまだ本来の始業前…。




もう全然頭回らなくて、ただ打ち込んでパソコンのソフトでデータ出してコピペの作業でも辛くて辛くて進まなくて、15分で終わる作業が1時間半くらいかかって気が狂いそうになったり。

ただコピペするだけなのに、たったそれだけなのに、ものすごく大変な作業に思えて全く手が進まなかった。

どうしてなのかは全くわからない。



当たり前だけど上司に「この時間何してたの?」って言われる。


頼まれる業務全て頭回らなくって全然進まなくて泣きそうになって。



休憩までの時間が果てしなく長く感じて。


うちの職場は取れる時に休憩取るスタイルだから、開始2時間で休憩だったり。


その後の6時間長くって嫌だなって思いながら、休憩も仕事しながら取るスタイルだからスマホすら見れない。


よく夫に上司が席を離れたすきにこっそり「助けて。辛い」って送って、「よしよし、頑張れ」って送ってもらってた。



10分は経ったかなって時計見ても、5分も経ってなかった時の絶望感。


どうにかこうにか気が狂いそうになりながら業務進めても、毎日どうしても長い残り2時間…。


最後の2時間が毎日毎日死ぬほど長かったっけ…。



それでなんだかんだ残業が毎日45分くらいはあって、そこから家に着くのは大体21時前。


そこから晩御飯食べて、最低限の家事、お風呂済ませると23時。



7時過ぎには起きなきゃいけないから、残り起きてられる時間は1〜2時間。


自分の時間なんてほとんどないなぁって思いながらしぶしぶ布団に入っても、明日が来るのが嫌で嫌で眠くても寝られなかった。


それでも明日の仕事に響くのが嫌だから寝る。



「明日の朝こそは丁寧にメイクして朝ごはんしっかり食べて頑張ろう」って思いで、早めにアラームをかけるんだけど結局「もう5分…もう5分…」って逃げてるうちにギリッギリの時間になって、どうにかこうにか眉毛とパウダーだけで家を出る。


淹れたお茶がまだ熱くてほとんど飲めないまま家を出るくらい毎日ギリギリの時間。


こんなだったら5分ずつアラームかけてないで、30分しっかり寝とけばよかったって思いながら。


化粧がしっかり出来なかった事がもう既に1日のスタートにケチが付いた気がしてやる気が出ない。



特に精神的にやられてた時は、ヘアアイロン消したか、ヒーター消したか、電気毛布消したか、鍵かけたか気になって、家から5分〜10分くらい歩いても戻って確認してた。何度も。


何度も家に戻ってを繰り返して「もう出勤できないよ」って泣きながら地面に崩れ込んだ事もあったよ。


でもうちの会社は1時間前出勤が当たり前で早めに出てるから、始業ギリギリだとしても間に合うには間に合う。

そんな状態で泣いてたとしても、上司に頭痛がひどくて到着ギリギリになりますとか誤魔化して出勤してた。

あと最寄り駅のトイレでお腹壊したって連絡して、ギリギリまでトイレの中でスマホいじってたっけ。

到着も10分前とかになるようだったら、ギリギリ扱いで報告しておかないと連絡が来るから…。


でも頭痛は本当に毎日ひどかった。


頭痛の痛みがひどすぎて、過呼吸になって手足痺れて街中で動けなくなって、救急車呼んだ事が4回くらいある。

過呼吸になると手足の先に二酸化炭素がいかなくなって手足痺れて動けなくなっちゃうんだよね。


治まればもちろん手足は動くんだけど、街中でそうなると周りの人はわからないから救急車呼んで助けてくれる。

一泊入院したりして高い医療費かかったな…。


休みの日は疲れ果てて20時まで寝ちゃって沈んで、唯一の楽しみはお金を使うこと。


でもそんなの手に入れた一瞬だけの喜びで、すぐまた違うものが欲しくなる。


それでまたカード使いすぎて請求額見てストレス溜まる悪循環。



休みの日に予定入れても、睡眠時間が気になって早く帰りたくて全然楽しめない。


基本疲れるから断ってた。




そんな辛くて灰色の日々にもう戻れないよ…。


そんな日々があと40年弱も続くのかと思うと…。


みんな働いてるだけで偉い。尊い。輝いてる。


どうして皆は毎日同じ時間に同じ電車に乗って同じ景色を見て同じ職場に着いて仕事をこなせるんだろう。


そんな当たり前の事がたまらなくかっこよくてたまらなく尊敬出来る。


甘えててごめんなさい。


みんなだって嫌。それでも食い扶持稼ぐために我慢して働いてるのは知ってるし分かってる。


上手にストレスと付き合って、ストレス発散出来る趣味を持って、死ぬまでの長い人生と向き合ってる。


でも私もそんな日々にいずれは戻らなきゃいけない。
出来るようにならなければならない。


これを思い出して書いてるだけで辛いし吐きそうだけど。




生きなきゃいけないんだよね。




お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村