収入0円!療養中アラサーが人生立て直すブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

2020年01月

最初に頼んだ豆乳おからクッキーが
美味しくてバクバク食べた。

そうしたら薬の副作用と相まって
気持ち悪くなった上に、
食べ過ぎてお腹を壊して悲惨な目に。



でもバクバク食べてる最中に、
「この調子じゃすぐなくなっちゃう!」
と思って、カフェプリムラの
お試しサイズも注文してしまった…。


そして、全部飽きた…。


カフェプリムラは
お試しサイズの硬いクッキーと
ほろほろの柔らかいクッキーと
二種類入っているものを頼んだので、
届いてすぐ両方開けて味見。


というわけで、全部開封済み。

売ることも出来ない!!



飽きた…。

豆乳おからクッキー気になってるから
試食してみたい、って人に配りたい…。



せっかくなので、
私が今回頼んだメーカーと、
過去に頼んだメーカーで
オススメを紹介。
(回し者ではありません)


今回最初に頼んだのは、

「おからクッキーのYK通販ショップ」

という所の

豆乳おからクッキーFour Zero

というクッキー。


500円玉くらいの小さめサイズで
やや厚みがあって、結構硬め。

前歯でいくのは辛いな〜くらい。
噛むとボリボリ音がする。

素朴な味わいで、甘み少なめ。
美味しかった。

味が4種類あって、
紅茶、抹茶、プレーン、ココアで
味ごとにチャック付きのパックに分かれてる。

私としては混ざってる方が嬉しいなぁ〜。



次に頼んだのは、
豆乳おからクッキー二大巨頭の
「カフェプリムラ」。


実はここの、
前回頼んで残しちゃったんだよね…。


なのにまた何で頼んだかというと、
前回は堅焼きタイプを頼んだのだけど、
ホロホロタイプはさっくりしっとり、
甘味がしっかりあって美味しい!
というレビューを読んだから!


んで、味も忘れてたし、
食べ比べお試しサイズを注文。



ホロホロタイプ、
めちゃくちゃ美味しかったー!!

遠い昔、友達の家で食べた
美味しいおからクッキーの味!
に近かった。


堅焼きタイプは…うん…。
前回失敗した感じ。

そんな言うほど堅くないし
(YKの方が堅い)
甘味ないし、口中の水分持ってかれる。


というわけで、YKと
プリムラの「ホロホロタイプ」
はオススメ。



あともう一つ、過去に頼んだ
神林堂の豆乳おからクッキーも美味しい。


でも神林堂は、
小麦粉とかマーガリンとか入ってて、
1つの大きさもカロリーメイト1本くらいあって、
カロリーも88キロとかあるので、
ダイエットにはどうかなー?という感じ。

普通に美味しいクッキー。
甘味もあってボソボソもない。



私のレビューはこんな感じです。

ただ一つ言えるのは、
豆乳おからクッキー自体、
すごく美味しいものではない、
という事。


基本的にはボソボソしていて甘味がない。
きな粉固めた様な感じ。


「ダイエットしてます!」
っていうモチベーションの為に食べる様な感じ。


でもクッキーひたすら食べてたら
痩せたよ!

お腹壊したからかもだけど…。

お茶と一緒に食べると
すごくお腹に溜まってお腹空かない!



でも…飽きた…。
もう食べたくない…。


どうしようこの1キロ近いクッキー…。


↑若い子風の改行にしてみました。笑
でも気に入った。笑





お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

うちの夫は借金をしている。

アコムからの借入とリボ払い。

どうにかやめさせたいのだが、私が口うるさく言って大喧嘩になってしまい、それ以降タブーな話題になってしまった…。


今だに生活費が足りなくなったらちょこちょこアコムから借り入れしてる模様…。



しかしもうタブーな話題なので、それとは別にどうにか夫に貯金をさせる事にした。


まず夫婦の貯金を各5,000円ずつで月1万円ずつ貯めている。

ご祝儀などもいただいた場合、半額夫婦の貯金に入れている。

ちまちま頑張って、なんとか夫婦の貯金は20万円まで貯まった。



しかしながら、夫個人の貯金もしたい…。


でも夫からお金を引き出して貯めるのは不可能に近い。


そこで、うちの親族から貰う夫宛のお金は私が全て管理する事にした。


うちのおばあちゃんはお金を配るのが好きなのか、お正月に顔を出すと、私はおろかうちの夫にまでお年玉をくれるのだ。


それは没収して夫個人の貯金として貯める。


そんなのは年1回なので、気の遠くなるような少しずつの貯まり方だが、なんとか、なんとか夫個人の貯金が3万円貯まった。


夫婦の貯金が20万円。

夫の個人貯金3万円。


借金が帳消しになる額ではないが、ただ借金しているだけよりはるかにマシではないだろうか?



そこで更なる新システムを導入する事にした。


貯金貸付サービスだ。
(謎の言葉)


夫が給料でやりくり出来なくなった時に、言ってもらえれば夫の個人貯金から1万円貸す。

しかし、来月の給料日に必ず11,000円で返してもらうのだ。


アコムに借りるより全然いいであろう!

金利は低い上に、そもそも夫の貯金になるだけだ。


アコムからの借入れもなくなるだろうし、貯金増えるし、我ながらなんていいアイデアなんだろうか…。



出来た嫁だなホント…。


誰か私のお金も管理してクレメンス…。


人のお金管理してる場合じゃないんよ…。


しっかりしているのかしていないのか自分が分からない…。



そんな自分は次の手当てまで数千円しかないからね…?


まあこのシステムを夫が使うかは分からないけどね。


私に口うるさく言われるの嫌だろうし。


誰か私の買い物依存症も面倒見て…?





全然関係ないのだけど、新しい薬の副作用で、気持ち悪さが出ると医者に言われた。


ホントに気持ち悪いんだけど、本格的に副作用出るまでに豆乳おからクッキーをバクバク食べていて、豆乳おからクッキー=気持ち悪くなる、という刷り込みがされてしまった。


この1キロの豆乳おからクッキーどうしたらいいの…?

気持ち悪くて食べられないんだけど…。


副作用落ち着いたら大丈夫かなぁ。






お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近超お気に入りのハリネズミ手袋。


IMG_2338




すっっごく気に入っているし、あったかいけど、やべー奴感半端ない。


結婚して異性の目を気にしなくなると、途端に女子力下がるね…。


これではいけない。


せめてダイエットしなくちゃ。


ちなみに私の身長は158センチで52キロなので、ちょっとぽっちゃりしてます。



こないだ53.6キロまでいって焦ったが、なんとか52キロまでは戻ってきました。





ところで、大切なものだけにお金を遣うのって案外難しいね。



今日トド活中、ネットサーフィンをしていた時に、広告の漫画を読んで、うっかり買いそうになってしまった。



私、どうでもいいものほどお金使っちゃう傾向にあるなあ…。



どうでもいいものにはお金使っても無感情なの。


喜びも後悔もない。



でも、欲しいなと思って考え抜いて使って、後悔した時がショックだから延々考えてしまうんだろうなあ…。




というか、今日クレジットカードの明細を見て落ち込んでいるんだけど、よく考えたら、お金使う事自体がストレスみたい…。



特にクレジットカード。



やっぱり、クレジットカードは私にとって借金でしか無い。


あらゆる貯金ブログなどで、「クレジットカードは上手に使えばお得」と見るが、私はまだ支払ってないお金があるのが苦痛だ。



ポイント分損しようが、使うのは極力控えよう。



お金を遣うことがストレスなのに、また遣ってしまう矛盾。



あぁー、つらいなあ。



そして、どうでもいいものにポンとお金を遣うのを本当にやめよう。



どうせつかうなら、前から欲しかったものとかに使えばいいじゃないか!!


どうでもいいものにポンポン遣って、欲しいものは後回し。



そういうとこが自分を大切に出来てないに繋がるんだぞ!!




大切なものだけにお金を遣う練習をしよう。


今月こそは切り替えて、クレジットカードも極力使わず、大切なものだけに使おう。


自分のストレスを減らそう。





お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

よくネットで売ってるダイエット用の豆乳おからクッキーが好き。

1キロとか入ってるやつ。


昔、友達の家で初めてその存在を知った時は美味しすぎておどろいた。

友達の家にあったものは、しっとりしていて食べやすく、甘味も割とあった気がする。

というのも、18歳くらいの時に食べたので、もう記憶もあやふや。
(てか、そんな昔から豆乳おからクッキーってあったんだなぁ)



友達が豆乳おからクッキー食べていいよって言うから貰って食べたら美味しくてびっくり。


これ、何!?どうやって頼むの!?と驚いて聞いたら、ネットで頼んだとの事。


一緒に頼んであげようか?と言われたけど、当時は今ほどネット通販も普及してなかったので、なんとなく抵抗があって頼まなかった。


そのまま時は流れ、自分でネットで買い物をするようになってから思い出して頼んでみた。


色んな所のを頼んだが、やっぱり結構差がある…。


最初に頼んだものは、友達の家で食べたものと見た目が同じで、ワクワクして食べたが、一枚食べて「まず…」となってテンションが下がった。


堅くて味がなくて美味しくなかった。

1キロも買ってしまって、どうしたのか忘れたが、食べ切れなかった気がする。



次に頼んだのはとても美味しかったが、美味しい分カロリーが高かった…。

それに値段も高かった…。

小麦粉とかバターとか普通に使ってたし、ただの高いクッキーだった。



いや、違う!私が求めてるのは友達の家で食べたしっとり甘味のある色とりどりの豆乳おからクッキー!!と思い直し、しっとりタイプのおからクッキーを探して頼んだが、不味すぎて撃沈した。


濡れクッキーみたいなしっとり加減…。

絶妙に不味かった。



それでしばらく豆乳おからクッキーには懲りたのだが、どうしても思い出してはレビューを見て食べてみたくなってしまう。


そんでもってまた頼んでみた。


そしたら今回のはまあまあ当たり!!


堅いんだけど、素朴な味わいでついポリポリと食べてしまう。


甘味はほとんどないけど手が止まらない…。


まあ甘味ゼロの豆乳おからクッキーって、要するにきな粉固めたみたいな味なんだけどね。



ちなみに本来はダイエット用のクッキーであるが、普通にクッキーとして食べる為に買っている。


でも私が食べたいのはあの日友達の家で食べたしっとりと美味しい豆乳おからクッキーなんだけどな…。

あれ、しけってたのかな。笑


永遠に出会えない気がする。笑








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

うーん、本当に辛い。


月12万でやりくりしなきゃいけなくて、家賃光熱費水道代携帯諸々引くと残り55,000円なんだよね。


気安くカード使えない状況…。


なのに母親が欲しがってたサマンサタバサの新品の財布見つけてポチ。



それで来月の生活費消えたのに、更に更に、何故か、夜中にプラダのほしかった財布を検索して見つけて、ブランド屋さんでポチ…。


本物かどうかもわからないのに…。


38,100円…。


後悔して即キャンセルのメール送って、無事キャンセルできるかハラハラしながら、キャンセル出来なかったらどうやって資金繰りすればいいのか考えてうつに…。



翌朝、無事キャンセル出来てたけど、まだ財布に未練ある…。



もうヤバイです。

買い物依存の治療したほうがいい!


次の通院で相談しよう。



でもさー、私あるあるなんだけど、最近カフェラテやら何やらもひたすら我慢してたんだけど、そうすると何故か突然大きい買い物がしたくなるリバウンド現象…。



なので、アクセサリーパーツの材料などを久々に楽天で買いました。


久しぶりに#oidonn名義でメルカリで売ってるハンドメイドアクセサリーが売れたのでちょっとやる気出た。



ラッピングなんかも凝っちゃった。


格安でアクセサリー出して、同じような買い物依存で苦しんでる人救いたいなあ。


もう買い物できない額まで使っちゃったけど、まだ何か買いたいって人に罪悪感なく買える金額でアクセサリーとか…。


送料込み300円なら良くない?


作ってみよう、元気あれば。



お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ