手取り18万円のアラサーが変わる為に色々頑張るブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

2018年11月

浪費が…やめられないのです…。


11月の浪費…。


読書のお時間ですというアメーバアプリで漫画を購入し、1万も使っていた。゚(゚´ω`゚)゚。


そして、仕事終わりにほぼ毎日立ち寄るカルディで1万2千円…。゚(゚´ω`゚)゚。
(最寄駅にカルディがあり、仕事が終わった後行くのが楽しみ)



それだけで、2万2千円…。




そりゃ、お金も無くなるわ…。



おばあちゃんから1万円もらい、中野まんだらけで1万4千円分売ったって、漫画に気安く1万円も払ってれば、すぐなくなるよね。



カルディにいたっては、クレジットカードの明細見直した金額だから、現金で買ってるものも含めたらもっといってるなあ…。




浪費がやめられないのは、


「お金を遣うより気持ちいい事がないから」


らしい。



そうなんだよなぁ、お金を遣うって、何でこんな気分がいいんだろうね?


いや、私の場合「あぁ…使っちゃった…」って思いながら遣ってるからそうでもないか。




私はストレスを自分で上手く消化する事が出来ないから、浪費に走ってしまうんだろうなあ。



他にストレス解消される方法って何かないかな。


もちろん、休みの日に家にいて、ぬいぐるみ脇に置いてゴロゴロゴロゴロしながら、ネットサーフィンしつつお菓子食べつつ、眠くなったら寝るというのは、ストレス解消になってるけど。



ただ、「よーし明日はトド活だ!」と思ってお菓子を食べきれないほどいっぱい買い込むからそれも結構お金かかってるしなあ。



とりあえず漫画とカルディに使うのはやめよう。



輸入のお菓子が大好きなんだけど、輸入のお菓子って高いし。


ポテチが400円くらいする。


カルビーのしあわせバター¥88を西友で買おう…。




そして、浪費以外でストレス解消する術を見つけないと。


見つかるかな…。


🐹ぼくたちとごろごろしよー

IMG_2281







お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ミニマリストを目指している、「捨て魔」な私は、物を捨てない日が続くと焦ってくる。


「何か捨てなきゃ…何か捨てなきゃ…」と。


強引に何か見つけ出して捨てているわけではない。


捨て魔な私は、日々の生活の中で「うーん、これ使ってないからそろそろ捨てなきゃなあ」という物が常にある。



それらはまだ使える物もあるので、捨てる為にきちんと向き合う時間が欲しかったりする。


しかし忙しかったり、疲れていると時間も取れないので、後回しになり、溜まっていくと「捨てなきゃ…!」となる。



今日断捨離したもの↓
IMG_2323



・ビフェスタのうる落ち水クレンジング

私はめんどくさがりで、時たまお風呂をサボる。


そんな時に、メイクを落とさないといけないので、これを使うのだが、これを使うと肌が荒れる…。


私はミネラルファンデを愛用しているのだが、それらを使っていると、化粧落とさない方がむしろ翌朝肌荒れしないのだ。


もちろんアイシャドウなどは普通のものなので、目の周りなどはよくないんだろうけど…。



肌が荒れるので合ってないんだと思う。


処分しよう。




・セーラームーンチーク

イッツデモ買ったもの。


夫は私のメイクが少しでも濃いのを異様に嫌がる。


中でもとりわけ嫌いなのがチーク。


なんであんなにチーク嫌いなんだろ。


よくわからないけど、チークを全く使わなくなってしまったので捨てよう。



メイクが濃いのをとても嫌うくせに、私のすっぴんとメイク後の違いが全くわからない。



お風呂上がりにすっぴんの私を見て「何メイクしてんの?」と言い出したり、すっぴんの私を見て「これはどっちだ…?メイクしているのか…?」と真剣に顔を見て考えている。



なんで…?



まあそのおかげで、メイクも落とさず寝れるわけなんだけど。笑



・ミネラルファンデに付いていたブラシ


ブラシだと上手く塗れなくてブラシは断念。


別のパウダーのパフを使用中。




・カスカスアイライナー


捨て忘れてた。




・キャンメイクのクリームアイシャドウ


クリームアイシャドウはアイラインがにじむからダメだー!



それに、プレミアムバンダイの星空のオルゴールアイシャドウを使っているので要らなくなった。




・気まぐれで買ったネコのポーチ


気まぐれでこういうの買うのはやめよう…。




今日は捨てるものが少なかったので、イマイチすっきりしないが、少しでもミニマリストに近づくために、また捨てていこう。




45リットルゴミ袋が出るとすっきりなんだけどねぇ。



コスメは、今後どんどん24hコスメとか、落とさなくても大丈夫なものに切り替えていこう。



もちろん、本当に落とさなくて大丈夫だとは思っていないし、サボるのだってそんなにしょっちゅうではない。
(主に偏頭痛で具合悪い日など)


けれども、「最悪サボってもOK」という安心感が欲しい〜。






お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

えっと、53.6キロ…。


あれれ…?



前回太った時は、薬の副作用だった。


今回はただただ太っている。



なんで…?


華奢な体型に戻りたい…。




私は元がぽっちゃりである。


マックス56キロあった。



まー、モテなくてモテなくて、一念発起してダイエット。


やり過ぎて42キロまで痩せたのだが、42キロをキープするのは難し過ぎて、46〜48キロをうろうろ。



最終的には48キロがベスト体重になった。



46キロもキープするの難しかったなあー。


ご飯をお茶碗半分くらいしか食べられなかった。


さすがに不健康過ぎたので、フツーにご飯食べてお菓子食べられるのが48キロだった。



ハタチで一念発起してダイエットして、多分28位まではその体重キープし続けたんじゃないかな、努力で。



しかし今の夫と付き合い始め、夫はぽっちゃりがタイプなんだと思い込み、夫のタイプになるため、2キロほど太った。


むっちりボディを手に入れる為に。




そうした所、戻らなくなり、以降、とめどなく太り始めた。


そうか、3年前から50キロを超えるようになったんだな…ウフフ…。



そこから53.6キロまで太ったかー…。




もう決して華奢とは言えない、逞しい肩幅に二の腕…。



ボタンが閉まらないパンツ…。



泣ける。



若い頃はセシルマクビーの華奢なワンピを着ていたのに…。


あれだけ細くある事にこだわっていた私はいずこへ…?




よっし!


またダイエットするかあー。



あー、でも夫に愛されてぬくぬくしてるのにやる気出るかな…。



頑張らねば。






お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

私は基本的に「家から一歩も出たくない」。


故に、休日に友人と出かける約束をし、外に出るというのがもはや苦痛なのだ。
(友人たちよ…すまん…)



そのおかげで、ドタキャンや遅刻が増えてしまい、これは迷惑すぎると思って、約束する事自体を極限まで減らしている。



なんなら友達すらも減らした。



私は夫さえいればいいので、友達がいなくとも全く問題ない。



人としてヤバイ奴に見えていると思うが、職場では普通に人間関係築けているので大丈夫…だと思う、多分。



だがそれでも避けきれない職場関係…。



行ったら行ったで楽しいんだけど、どうにもこうにも面倒…。



仕事の後にそのまま行くのはまだマシ(マシなだけで特に行きたくはない)で、休日に出かけるのは本当に辛い…。




私はサービス業で、連休ではないので、次の日の事を考えて時間が気になってしまい、全く楽しめない。



帰宅時間が0時前だと、絶望に近くなる。



こんないらない不快感は味わいたくない。




行ったら楽しいし、大好きな人たちなのだが、いかんせん行きたくない。



でもみんなで集まる機会がそうそう無いんだよなあ。



悩む…。




もし、友達付き合いで悩んでいる人がいたら伝えたい。



友達を減らすのはとってもオススメ!!



友達などいなくてもなんら問題はない。



金銭の貸し借りなどしたら縁の切れ目になる位脆いもの。



相談などしたいという事もあるかもしれないが、女性の場合、大抵は相談という名目の同意か肯定が欲しいだけ。



男など絡んだら一瞬で崩壊だ。



話すとスッキリする事などあるかもしれないが、その中身は単なる愚痴。




遊びに行けば楽しいけど、それなりに交際費がかかる。



と、考えてしまい、「いらないのでは…?」と思ってしまう。



人から「さみしい人生」と思われる事に何の抵抗もないからなあ。




人は1人では生きていけない。


なので、結婚して夫と2人、生きていけばよい。




悩んでいる人がいたら、友達を減らしてみるのがオススメだ。
(とんでもないオススメ)




🐹ぼくたちがいるしねー
IMG_2214







お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

料理がそんなに得意でなくても、胃袋を掴む事は出来る!


断言する!



そもそも私は料理が嫌いである。


だってめんどくさい。


作るのも面倒。


材料買い揃えて料理して後片付けして…。



嫌いなのでしてこなかったし、当然上手くない。


しかし!


ある事が出来れば胃袋を掴むのは容易いのである。



それは…





「食べたい時に食べたいものを出す事」






ズコーッ。



当たり前じゃん!!と思うかもしれないが、これが意外と難しいのだ。



子供の頃、夕飯を母親に聞いて、対して食べたい物でもなく、「あー…」とテンションが下がった記憶は無いだろうか。



逆に好物だったりすると、「マジ?キャッホー!!」とテンションが上がらなかっただろうか?



この「マジ?キャッホー!!」と思わせる回数が多い事が大切。



恐らくだけど、男性は繊細な味の違いなんて求めてないし、横文字系の料理は特に食べない。



エスニック料理、フレンチ料理などなど…。



私もそれはそれは盛大な勘違いをしていた。



胃袋を掴むために、レパートリーは幅広くなければならないし、凝った料理も作れるようにならなければいけないと。




経験は無いだろうか…。



「よーし、今日は凝った料理作るぞー!」と張り切って作ったのに、牛丼を食べる時よりお箸が進まぬ男性の姿を…。




私も一緒に住み始めた時は色々と作ったが、結局夫がいつも食べたがるのは「とり塩うどん」。


来る日も来る日もとり塩うどん。



それでにこにこ大満足なのだ。




ビーフストロガノフが作れたって、男が食べたくなければ意味がないのだ。



そんな事より、卵かけご飯が食べたい男に、さっと卵かけご飯を出す方がよっぽど喜ばれるのだ。


ここで、韓国のり+ごま油などと、余計なアレンジもいらないのだ。


確かに美味しいが、男が食べたいのはシンプルなお醤油の卵かけご飯なのだ。




ついついシャレオツアレンジしてしまう心理に「サッとひと工夫アレンジが出来る料理上手な私を見て」という心理はないだろうか?



それは結局自分のことしか考えていないのだ。



料理も恋愛も同じなのだ。



いかに相手のことを考えられるか。



表面的な部分でなく。



自分の自己承認欲求を抑えられらるか。



そこが胃袋を掴むコツだ。


と、↓こんな料理を平気で載せる人間が申しております。



IMG_2279








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ