手取り18万円のアラサーが変わる為に色々頑張るブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

2018年07月

この所、立て続けに「綺麗になりたいといいつつ、背筋を伸ばしたり、丁寧な言葉遣いを心がける事を疎かにしている人が多い」という記事を見かけた。



…確かに!!!!!


「顔はブスだけど美人に見られるには?」というようなブログを今現在読み漁っており、納得と同時にとても面白い。



ちなみに私はややブス。

とりあえず初対面で「可愛いね〜」「美人だね」といった言葉は絶対かけられない程度にはブス。


女友達と2人で行動して、友達だけタダになったりなど、嫌な思いもたっくさんしてきた。




更に所作もブス。

↓↓↓↓↓↓↓
以前書いた「こういう所がブスなんだよなぁ」


夫にも、昔別の男にも「こういう所がブスなんだよな〜」と、食べ散らかした汚いテーブルの上を指摘されたりしている。




…書いていて思ったが、なんで彼氏がいたんだろう?



まあブス度はモテ度と関係ないからかな。




せめて所作くらいは綺麗になれるように頑張ろう!


そのブログの中に、「夫や恋人とのデートこそ狩りで!!」と書いてあった。


彼氏がいないのであれば、いわゆる一般的なモテ服とされる清楚な物がいいらしいが、もう関係が出来上がっているのであれば、いい女風の服装がいいとのこと。



早速買い物に行ったよね。(浪費家の謎の行動力)



しかし、私が思い描いたような「ちょっとだけセクシー」という服は無く、何故かわからないが、大好きなブルーブルーエで、安くなっていたハリネズミ柄のTシャツを買って帰った。




これだから浪費家は!!!!!


ブログに触発されて、まんまと服を買いに行った挙句、目当てのものとは全く違う物を買って帰る。




浪費家がお金がなくなっていく仕組みはこれだよ。


結局ただの無駄遣いしてしまったというオチ。



でも綺麗には見られたいから、せめて所作を頑張ろ。


体型はやっぱり細身がいいとの事。


ダイエットも引き続き頑張ろう。







お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

さて、夫も元カレ同様、チャットサイトいやむしろ夫は出会い系サイトに入り浸っていた。


そこから私は不信感しか生まれなかった。


そして家を教えてくれない(!)。


さすがに怪しすぎるので別れようと思ったのだが、「同棲するからもう少し待って」という話。


その時6月くらいだったのだが、9月に同棲を進めるという話になった。


私はその時「多分9月になっても同棲始まらないから、それきっかけで別れよう…」と決意した。



そうしたらなんと同棲の話が超トントン進んでしまった。


家を教えてくれなかったのは、実家を一人暮らしと偽り、引くに引けなくなった模様。


同棲してからは、えげつない束縛を開始。



まず携帯のロックの暗証番号は私に教える、会社終わった後にぬきうちで電話したり、どこで何をしているのか完璧に教える。


女性の連絡先はオール削除、LINEも消してもらった。



…書いていて死にたくなってきた。



夫は非正規の派遣社員なので、定時ぴったりに帰ってきて、付き合いの飲み会などもない。


これもある意味功を奏している。



SNSは全部教えてもらって見ているし。



まあ、よく耐えているよね。


もちろん泊まりなどNGである。


一人で出かけている際にも、連絡が繋がらなければ激怒。



夫が怪しいがために、これだけの束縛をしていると思われそうだが、好きになるとどうしても束縛してしまう。


初めて出来た彼氏にも同様の束縛をした所、「重い」とフラれてしまった。



次の彼氏が元カレに当たるが、よーく考えると恋愛の好きじゃなかったんだな…。


友達のような好きであった。多分。




なので、夫と別れて新しく恋愛したところで、「普通の男性」がここまでの束縛についてこれるとは思えない。


ましてや普通に働いていれば、付き合いや部下の相談(女性)に乗ったりなどもあるだろう。



という事は、正社員にならない方が都合はいいのか…。


急に飲み会が増えたな、とかやだもんな。



相手の事を1から100まで知らないと気が済まない。


そんな束縛に耐えてくれる、普通に働いている男性がいるとは思えないなあ…。


どうしたもんかねぇ。









お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村


IMG_1554
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

モラハラ暴れん坊系夫と、何故さっさと離れないのか、疑問に思う方は多々いらっしゃるであろう。


オットをこきおろしてばかりだが、実はもちろん私にも原因がある。



私は束縛が尋常じゃないのである。



話が元カレに遡るが、元カレとは、元カレの浮気が原因で別れている。


なんと!私と出会って付き合って別れるまで、ずーーーーーーっとチャットサイトに入り浸っていたのだ。


チャット上で、「彼氏彼女」みたいな関係になっており、しかもそんな関係の女性が複数いた。



私はショックというより「ドン引き」した。



「…この心の闇の深さはわたしの手には追えない…」となってしまった。


あと、元々「この人と結婚だけはないなあ」という思いが心の何処かにあり、別れるきっかけを探していたような所もある。


そんな元カレとは連絡の頻度は週に2回くらい。



なんと!毎日連絡をとっていなかったのである。


遊ぶ頻度もまちまちで、もう何年も前のことなので覚えていないが、月に1回くらいしか会っていなかったんじゃないかな。



今のメンヘラ具合からは考えられない連絡の頻度だ。



しかし、元カレはその点うまくやっていたと思う。


全く気付かなかったからね!私。



そこへきて今の夫である。


四六時中携帯をいじっており、まーいつチラ見してもLINEがバンバン来ている。


怪しいと思ったら、夫も元カレと似たような人種だった。



さすがにこれは堪えたが、今の夫は全力で謝ってきた。


それなら…と全力束縛を開始した。



長くなってしまったので続きはまた明日にします。





お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

30超えてカラコンが似合わなくなってきた問題。


バッチリ化粧をする時はまだなんとかなっているが、私は会社にものすごくテキトーな化粧で行くので、その時はカラコンが浮きまくり。


カラコンって縁取りがあるタイプのもの。

テキトーなお化粧で行くと「目だけ若作りおばさん」みたいになってしまうのだ。



そこで、カラコンを辞めるか否かを悩んでいた。


若い頃は「いつまで私カラコンつけるのかなあ…」と悩んだりもしたもんだが、自然と似合わなくなるもんだな。



それもあるのだが、カラコンで頭痛になっている疑惑も生じてきた。


カラコンはあまりベースカーブなどが豊富ではない。


もちろんベースカーブなんて生きててあまり気にしなかったが、眼精疲労からくる頭痛がひどく、私は仕事でパソコンを使うわけではないので、そんなに目が疲れているとも思えないのだ。


仕事から帰ってきて寝るまでにスマホいじるくらい。



もしや、と思い「カラコン 頭痛」で調べてみたら色々出てきた。



カラコンで眼精疲労頭痛疑惑が濃厚だ。


試しに、家に余っていた普通のコンタクトで出勤してみている。


ありえるなああ〜。


カラコンつけ始めた頃から眼精疲労の頭痛始まったもんなー。



しかし、普通のコンタクトの方が高い。


モイストとか、ベースカーブとか、乱視とか色々懇切丁寧なせいか、カラコンの倍ぐらいの値段する。



いやーーーーーなやむーーーーー。



今月は出費が多いなあ。


健康診断でお金も取られたし、眼科に歯医者に…。



もう捻出出来るお金無いぞおおおお。








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

クリアファイル家計簿の本を買った。

本屋で見つけて、面白そうだったから買ってみた。



所帯に関係なく、1日2,000円で過ごし、余ったらクリアファイルに戻し、翌日また2,000円で過ごし…というのを1ヶ月続けるというもの。



…1日2,000円かあ…。


なので、30日の月なら6万、31日なら6万2千円必要。



そんなに生活費がそもそもないなあ…。



食費25,000
お小遣い10,000
日用品費2,000
医療費3,000
衣服費5,000
外食費5,000
化粧品費5,000


私の生活費の振り分けはこんな感じだ。


この時点で55,000円でそもそも足りていない。


更にこれからイデコと積立ニーザを始める予定なので、ますます生活費が減る。


クリアファイル家計簿、やってみたいけど無理だなあ…。



思い描く事何一つままならないな。




薬の副作用で太った体重が減りません。


いつもよりは全然食べてないのに、感覚でちょっとやそっと減らしただけではダメなんだなあ。



私は元々太りやすいので、50キロ以下の体重をキープしていた時代は、めちゃくちゃ食事量が少なかった。


慣れれば大した事ないんだけど、お腹いっぱい食べてる今としてはキツイなあ。


しかし痩せたい!


頑張るぞ。








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ