寂しくなる。



退職といっても、アルバイトになるかどうか悩んでいる感じだけども。



もう今までの様に、仲間ではなくなるんだな、とふと思い、唐突にとてもとても寂しくなる。




けど、気を付けなければいけない。



この寂しさを「やっぱりなんだかんだ言っても、この仕事好きなんだ…」と勘違いしないように。



それは業務内容に対しての寂しさじゃないぞっ!



これで私は1度失敗してしまった。



絶好の退職チャンスを逃してしまったのだ。



それ以来、好きでもない仕事をダラダラと続け、不平不満が出続ける悪循環。




「情」ってすごいよね。



全ての判断をにぶらせるぜ。



別に会社が嫌いなわけではない。


上司は…うーん、ついていけない時も多いけど、嫌いとかではない。


同僚や先輩後輩も好きだ。




けどもう正社員は無理だ…。



人生の難易度を下げるには、世間体を気にしないというものがあった。


そうだ、もう俺は正社員を手放すぜ。



夫の扶養にはいるんだ。
※といっても、家賃光熱費など出してもらえるわけではないので、月83,000円でやりくりする生活になるだけ。そして無理。



主婦だからパート程度でOKという免罪符の為に結婚したんだぜ。


人生の戦略だぜ。




でも寂しいんだよなあ。



上司に伝えた結果、何も情報は入ってこなくなるし、うっすら仲間はずれ感を出されるし。



当たりもキツイような気がするしね。



でももう無理…。



穏やかに生活する事の方がはるかに大切…。




お金はどうとでもなる気がするんだ。



だからゆるゆるアルバイトで穏やかに暮らしたい…。



もちろん上司からは引き留められる。



もちろんてことはないか。

ありがたいよね、引き留めてもらえるなんてさ。



ハッキリ言ってさ、上司の仕事量はとても心配。


私が結構上司の仕事肩代わりしている事もある。


「私がいなければ回らない」なんて事は一切ないけど。



それでも心配な仕事量。




でもそれで上司が心配だからって会社に残ったら、私の人生で何が優先なのかわからない。



心配なのは本当だけど、私は私の為に生きたいのさ。





仲間から外れるのは寂しいけど。


私は私で自分の人生を歩むのさ。








お読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリックしていただけたら嬉しいです。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村