休職中無収入のアラサーが変わる為に色々頑張るブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

30代まで貯金0円!
ふと転職したいと思った時に、貯金0ではひと月も無職ではいられないんだ…!と気付き、貯金を決意。
日々の生活を工夫しながら、少しでもお得に暮らせるように試行錯誤中。
1日の大半はお金の事を考えています。
将来的にはミニマリストになりたい、手取り18万円のアラサーのブログ。

映画を観てないので雰囲気だけでタイトル付けました!!!

結婚がしたい、専業主婦になりたいと叫びながら、絶対に叶わなそうな相手と交際中です。



どんな奴かというと、大嘘つき!!

学歴や家を嘘つかれてました。


ただ、その嘘がぶっ飛びすぎてて、大体即座に気付いてしまうっていう。

一橋出てるとか言いだしたからね!
嘘に決まってるでしょ!


バレバレな様々な嘘が発覚し、許せる範囲の嘘も、許せない嘘も、付き合いながら全部つっついていった。


家の嘘というのは、実家を一人暮らしと言ったり。
まあ、それくらいは見栄というか、可愛いなで済むけど、一橋は許せん…。
テキトー過ぎるだろ。
もうちょっとランク落とそうぜ。


そんなこんなで、嘘つきだし、借金あるしでロクでもない彼氏。


昨日ついに私の怒りが爆発し、大ゲンカになって、1時間ほど思い切り声をあげて大号泣した。

こんな号泣したのって、本当に小さい子供のころ以来じゃないだろうか…。



おかげさまで、今日、めっちゃくちゃスッキリしている。

今まで気づかぬふりをしていた、嘘という嘘をツッコミ、キレ倒し、大号泣し、超スッキリである。


彼氏は「嘘ついてごめんなさい、惚れてほしかった」と認めたので、許した。

借金に関しては、私にお金を無心してくるわけでもないし、お金遣いが派手に見えるわけでもないし、かといって見栄張って奢りまくるとか、そういう事でもないので、自分で返し続けてもらうことにする。


本当に結婚がしたいなら、即座に別れた方がいいのにねぇ…。

スパッといけないのが難しいところ。


でも声をあげて大号泣したので、疲れるには疲れた。


はー、早く帰りたいな。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お金とめんどくささ。


貯金が定期預金の9万円しかない為、辞めたら即座に生活出来なくなるのだ。

彼氏は養ってくれそうな気配0。

キッチリ割り勘だし、例え養ってくれる気があったとしても、家賃が9万5千円なので、現実的に無理なのでは?

なので自分の生活費は自分で捻出しないといけない。



それに、バイトだとしても、また履歴書書いて面接というのがほんっとおおおおおおおおにめんどくさい!!!!!!!!!!!!


私の心からの望みは専業主婦!

そう、週3のバイト、6時間くらいだとしても働きたくない!!!!!!!!マジで!


また新しい人間関係が始まって、馴染めるかも心配だし…。


とにかく仕事をしたくないわけで、業種が変わろうとなんだろうと、働きたくない事に変わりはない。


とすると、わざわざ新しいストレスを抱える事も無いのかな?と思ってしまう。

慣れ親しんだこの環境で、惰性で仕事をすれば良いのでは?と思ってしまう。


仕事を覚えきったので、今仕事に対する悩みなど無い。
残業しないキャラを確立し、休みの日は対応しないキャラも確立し、好き勝手やっている。


だからといって楽しいとか微塵もない。
一刻も早く辞めたい感情しかない。



でもいきなり新しい環境に飛び込むのも少々億劫。

なのでウダウダやっているのだ。


とりあえず当面は12万8000円で暮らしてみること。

少ない金額をやりくりする方が向いている人もいれば、使う額だけ稼ぐ方が向いている人もいる。


私は前者ではないが、無駄遣いが多いのは事実。

自分の無駄遣いにストレスを感じている。


なので、無駄遣いを減らすのと、バイト生活になった時の金銭感覚になれるためにも、


ボ ー ナ ス が 出 た ら



12万8000円生活開始予定。
即座に挫折しそうな宣言だ。


本題からズレてしまったが、辞めたい辞めたいと叫び続けて辞めないのは、新しい事を始めるストレスが億劫なため。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

とろろ昆布とお湯と醤油だけのお吸い物が美味しい。

美味しすぎて2杯も飲んでしまった。

簡単だからやってみてね!

お醤油の入れすぎには注意。



私が二十歳になる前位は、労働基準法などガタガタだったので、11時から23時半という働き方を平気でしていた。

今は、家を出るギリギリまで寝ているタイプだが、昔は3時間前に必ず起きてダラダラしてから出勤していた。

なので、そんなに睡眠時間など無かったはずだが、睡眠時間を気にした事がない。

「あーあとこれくらいしか寝れない…」とか思った事無かったな。


今は睡眠時間が気になりまくる。

ちょっと残業が長引こうものなら、即座に睡眠時間の計算をしてしまう。


もっと自由だった時代が懐かしいなあ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ