手取り18万円のアラサーが変わる為に色々頑張るブログ〜まずは貯金50万〜

なんとか毎日を素敵にしようともがくアラサー会社員のブログ。 まずは50万円貯金することと、転職を目標にしてます。 貯めたいのに使っちゃう、辞めたいのに辞められない仕事を変える所から! 家にいることが何より大好き。 宜しくお願いします!

結構好きな芸人さんが、一生懸命ダイエットしてるブログを書いているのだけど、ついつい読みふけってしまった。

私は昔、デブではないが、確実にぽっちゃりだった。

洋服のサイズは全部L。
たまにLでもパツパツだったりした。


16歳の頃に、ケンタッキーでバイトを始めて、それはそれはケンタッキーにハマり、休憩中も必ずケンタッキーで何か買って食べたり、バイトがない日も近くのケンタッキーで買って食べたりしていた。

思春期の影響もあってか、一気に太った。


みんなは、彼氏だのオシャレだのと、存分に青春を謳歌している中、ぽっちゃりで恋愛どころではない私…。


20歳がピークだったかな。

一念発起してダイエットを頑張った。


それはそれは地獄のようだった。

ケンタッキーでのバイトを活かし(6年位続けた)、ぽっちゃりとスリムな人のオーダーの違いを観察し、結局、

「デブは食べる、スリムな人は食べない」という結論にたどり着いた。


太っている人はさ、セット頼んで、更にビスケット付けたりとか。

痩せている人は、サラダにチキン1ピースだけ、とかさ!!


本当、明確に違うのよ。


私もそれを必死で会得。

サラダは自宅で作るもの以外、どうしても好きじゃないので、とにかく「余計に頼まない」という所を徹底した。

満腹になるまで食べない、も守った。


ハッキリ言って、血反吐吐くくらい辛いよ。
我慢するというのは。

いつも食べてる量を減らし続けるというダイエットなのだから。


で、それから十数年たち、その食べ方がスタンダードになった今、普通体型を保っている。

洋服のサイズは全てM、ものによってはSだ。


痩せた頃は、とにかく痩せていることに執着しているから、強引にSサイズばっかり着ていたが、痩せても骨格というものがあり、私は肩幅が広いので、Mサイズが1番綺麗に見える。


女性からは「細い」とよく言われる。

だが誤算があった。

私は丸顔で巨乳である。(自分で巨乳というが、巨乳=いい事とは思っていないので許してくれ)

男は、「丸顔」「巨乳」のみしか視界に入らないため、男全般からはどんなに痩せようと、ぽっちゃりと思われている事に…!


男は顔と胸しか見ていない。
本当に。

実際、今の彼氏だって、私のことをぽっちゃりだと思い込んで付き合っていた。

始めて体を触られた時に

「…?」という顔をし、「…あれ……細い……」と呟いた。

「…顔と胸でぽっちゃりだと思ってたでしょ…」「…うん…」というやり取りが繰り広げられた。


そのおかげで、ぽっちゃりが好みなのかと思って太ろうとしたほどだ。


結論、血反吐吐くような思いをして、痩せている人の行動を習慣化するまでに至っても、丸顔巨乳は男から見たら「ぽっちゃり」以外に見えないから諦めよう。







ま、自分は今「太ってない」という安心感があるからそう思えるのかもね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

思うに、私はお昼ご飯食べすぎじゃないか?
それでかなりお金かかってる気がする…。

今日だってサンドイッチにおにぎりにハムをお昼に食べた。
サンドイッチだけでお腹いっぱいなのに、しょっぱいものが食べたいという理由でおにぎりとハムを買った。


どこかお店で買い物をする時に、ひとつだけ買うということができない!なぜだ!

明日はサンドイッチとおにぎりだけにしよう、せめて。

お昼代かかりすぎ。

食べすぎて苦しいし…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

なんだか今日は幸せだった。

いつも幸せ感度のとても低い私。

いつも疲れていて不幸な私。


でも今日は幸せだった。

牛すじ煮込んで、アニメ観ながらスヤスヤ寝ちゃった彼氏の隣でゆっくりお茶飲みながら読書。


幸せだ…。

こんな日々が続けばいいのにー!

この幸せと感じた気持ちを忘れたくないね。



でもまた明日から仕事。

遅番だからゆっくり出来るけど…。

ゆっくり近付く今日の終わりが怖いわ〜。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ